初公判日程決定、吉沢ひとみ被告

元モー娘メンバーの吉沢ひとみ被告に対する

初公判の日程を東京地裁は11月30日(金)開廷と決定。

罪名

自動車運転処罰法違反(過失傷害)及び道路交通法違反。

酒気帯び運転をしながら、かつひき逃げ事件を起こして

しまった吉沢ひとみ被告。

報道で流れたひき逃げの瞬間を映した映像は

衝撃的でした。

吉沢ひとみひき逃げ

引用:http://news.livedoor.com/

酒気帯び運転をしながらかつひき逃げをしてしまった場合

の判例を調べてみました。

※あくまでも判例であり吉沢ひとみ被告のケースと一致するとは限りません。

酒気帯び運転とひき逃げ事件を合わせた判例は見つかりませんでした。

しかし初犯の酒気帯び運転でも公開裁判となるケースが多々あります。

「過失運転致死傷罪」→7年以下の懲役または100万円以下の罰金

「危険運転致死傷」→15年以下の懲役刑、被害者が死亡した場合には1年以上の有期懲役刑

またほとんどのひき逃げ運転単体だけでも懲役1年、執行猶予3年などの実刑判決となるケースがありました。

今回の事件に関し知り合いの弁護士に判決の見立てを聞いてみました。

すると「執行猶予4~5年が付くのではないか」との見解でした。

①理由としては怪我をされた方々が軽傷であったこと。

②所属事務所とタレント契約を終了させており、社会的制裁を受けている。ことが考えられるようです。

※あくまでも見立てです。

2歳の男の子の母親

吉沢ひとみ被告は2015年11月に結婚、

翌年には男の赤ちゃんを出産しています。

子供がいる、いないは関係ありませんが

親としての自覚の欠如と言わざるを得ません。

警視庁中野署の留置場で1人彼女は何を考えていたのでしょうか。

実の弟の事故死を経験

吉沢ひとみ被告は今から11年前の2007年に最愛の弟【吉澤弘太さん】を16歳という若さで交通事故で亡くしています。

その経験を糧に交通事故撲滅キャンペーンなどにも積極的に

参加されていました。

アル中!?

吉沢ひとみ被告は芸能界でも酒豪で知られ

大物タレントも「手を付けられない」と話していたそう。

事件の時も夫とビールや焼酎を飲み

(供述は「自宅で寝る前に缶入りの酒を3缶飲んだ」)

(基準値の4倍に相当する呼気1リットルあたり0.58mgを検出)

気が付いたら仕事に遅刻しそうな時間となっており慌てて

自家用車に飛び乗ったようです。

もしかしたら、今回の事件以外にも同様の状態で

ハンドルを握ったことがあると疑われても仕方がありません。

義理の母救急搬送

これはあまり知られていませんが、事件の4日後に夫の母親が

大量の睡眠薬を服用し救急搬送されています。

自殺未遂だったようです(幸い一命をとりとめました)。

『お酒は人生をいとも簡単に崩壊させます』

いや、お酒は悪くありませんね。

子育ての疲れ

吉沢ひとみ被告の夫はIT企業の経営者。

多忙な中で帰宅は深夜を回ることも多かったそうです。

子育ての大変さを一身で受け止め、また夫がいない寂しさを

お酒で紛らわしていたのでしょうか。

しかしどうでしょうか。

夫の帰宅が夜遅いご家庭は五万とあります。

家庭を1人で守る女性もまたいて

その方々皆が酒に溺れている訳ではありませんね。

もちろん吉沢ひとみ被告にしか解らないことですが

こうやって見てきますと、吉沢ひとみ被告の甘さは

否めません。

まとめ

吉沢ひとみ【被告】と呼ばなければならない現状に

複雑な想いをお持ちの方々は私も含め多くいると思います。

あの華やかなステージに立っていた吉沢ひとみさんが

脳裏に焼き付いているだけに(T_T)

私たちも今回の出来事を教訓に、安全な運転を今一度認識し

厳守しなければなりませんね。

吉沢ひとみ被告も自身と向き合い、大切な家族のために

懸命に生きてほしいです。

吉沢ひとみ

引用:https://news.nifty.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする