6歳の男の子の鎖骨を折る傷害容疑で友寄景光容疑者を逮捕!容疑者の顔画像やSNS情報を公開。ネットの反応は!?

小さな6歳の男の子の鎖骨を折る傷害容疑で男が逮捕!6歳の男の子と被疑者との関係とは。

逮捕された男の顔画像や身辺情報、被疑者が現在勾留されているとみられる警察署の画像、事件の詳細を紹介します。

スポンサーリンク

事件詳細

事件が発生したのは昨年2018年11月神奈川県大和市内の逮捕された男の自宅で6歳の男の子の鎖骨を骨折する暴行を加えたとされる事件。

容疑者のプロフィール

氏名 友寄景光
読み仮名 ともよせかげみつ
年齢 28
居住地 神奈川県大和市内
職業 会社員

友寄景光容疑者の顔画像

現在まで逮捕時の画像や送検時の画像など公表されていませんでした。
公開されましたら追記致します。

報道番組でも取り上げられました

NNN

2月13日(水)夕方の報道番組でも放送されました。

友寄景光容疑者が勾留されているとみられる大和署の画像

神奈川県大和市中央5丁目15-4にある神奈川県警大和署の画像です。

スポンサーリンク

友寄景光容疑者のSNS情報

「友寄景光」というワードでFacebookのアカウントを調べて見ましたが、特定には至りませんでした。

リサーチ結果を掲載しますので気になる方はご覧ください。

スポンサーリンク

男の子と被疑者の関係

今回怪我を負った6歳男の子と友寄景光容疑者の関係性に関し、友寄景光容疑者と交際しているとみられる女性の連れ子だったということです。

友寄景光容疑者の暴行内容が明らかに

報道発表によれば身柄を拘束された友寄景光容疑者は交際女性の連れ子である男の子に対し、体を鷲づかみにし持ち上げ、床に投げつけるなどの信じられない暴挙にでたということです。

男の子は恐怖でいっぱいだったはずです。

男の子の病状

友寄景光容疑者に暴行を加えられた6歳の男の子は全治2ヶ月の大怪我をしているということです。

男の子の成長に影響を及ぼさなければと考えます。

警察に通報した以外な人物とは

男の子が大怪我を負ったあと、警察に通報したのは母親でも友寄景光容疑者でもない母親の親族だったということです。母親の親族が子供の変化に気付いたとみられ児童相談所に相談。

その後児童相談所が6歳の男の子を保護し警察に通報したとのことです。

友寄景光容疑者にかけられている罪名は

神奈川県警大和署に身柄を拘束された友寄景光容疑者にかけられている容疑は「傷害罪」です。

量刑は?

傷害罪の懲役刑は刑法に懲役15年以下と法定されているようです。また傷害の程度が軽微な場合、罰金刑などになることもあります。

被害者と加害者の間で示談が成立することもあります。執行猶予が付くこともあるようです。

友寄景光容疑者の供述・認否は?

神奈川県警大和署に身柄を拘束された友寄景光容疑者は取り調べに対し「間違いありません」と容疑を認めているということです。

友寄景光容疑者の逮捕後の流れ

神奈川県警大和警察署は友寄景光容疑者の逮捕後48時間以内に検察に送致するか判断します。

送検された後、担当検事は24時間以内に勾留(友寄景光容疑者を拘束)するか

どうかを判断します。

※勾留期間は最大20日でこの20日の中で起訴するかどうか検察官の取り調べが行われます。

起訴された場合、約1ヶ月程度で裁判を受け有罪か無罪かの判決が下されます。

ネットの反応

  • 母親ではなく母親の親族が動いたのか。親族の人は立派だがなぜ母親が動かないのか。やっぱり内縁の夫には頭が上がらないのか。でも母親は女の道よりおかあさんの道を貫いてほしい。理解のない男とは別れる勇気を持ってほしい。子供のために。

    https://headlines.yahoo.co.jp/

  • 連れ子を愛せる人間は相当器が大きくないと無理だと思います。

    こんなただセックス好きなだけの低能の人間じゃあこうなるのは目に見えてる

    大事に至らなくてよかったですね。

    https://headlines.yahoo.co.jp/

  • この連れ子虐待問題は最近特に多い気がする。自分の子供でも大変なのに、人の子供を育てるのはそれより遥かに大変。軽々しく判断すべきではない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/

  • 奥が深い問題だと思う。女性が結婚をしても離婚をしても社会的にハンデとなる事がなければ、女性だってお金のためにくだらない男と一緒になる事はないと思う。結局女性が社会的に自立出来ない、自分だけの稼ぎで食って行けないから継父として相応しくないと分かってる様な相手でも一緒になっちゃうんでしょ。日本の社会の男尊女卑や離婚したら母親だけが子供の面倒を見て再婚相手を無理やり父親と呼ばせたり、本当の父親に会わせなかったりと言う様な、おかしな風習?はやめた方がいいと思います。そして女性がもっと自信を持って行きて行けるような社会にするべきだと思います。

    https://headlines.yahoo.co.jp/

  • 最近子供や虐待のニュースが多く、心が痛みます。私も実父に虐待を受けて育ちましたが、弱いものに暴力を払う人は、口頭で注意しただけでは、絶対に変わりません。一定期間、専門家のカウンセリングを受け、更生プログラムの履修を義務づけ、改善が見られた場合のみ子どもを返すようにしないと、同じことの繰り返しです。

    https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

まとめ

児童相談所や警察に通報したのは母親でも友寄景光容疑者でもないところに3人の親子関係の異様さを感じます。

友寄景光容疑者には自分の子供を愛する以上に連れ子を愛する覚悟がなければならないと感じます。

男の子の心のケアを切に願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする