【千葉市中央区】車に2度ひかれ死亡した男性の氏名やSNS情報、事故現場画像を公開

千葉市中央区で道を横断していた男性が車に2度ひかれ死亡
その時現場で何があったのか。
亡くなった男性の情報や事故現場の画像SNS情報を紹介します。

スポンサーリンク

事故概要

事故が起きたのは12月26日(水)夜10時頃
千葉県千葉市中央区青葉町のコンビニエンスストア付近の公道

事故の被害者である橘智秋さんが道を横断中、2台の車に相次いでひかれました。
緊急車両で医療機関に搬送されましたが、まもなく死亡が確認されました。

橘智秋さんのプロフィール

氏名 橘智秋さん
読み仮名 たちばなともあき
年齢 41
職業 会社員

報道番組でも取り上げられました

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn

お昼の報道番組でも大きく取り上げられました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn

見通しのよい、街頭やコンビニエンスストアなどの明かりも確認できる
事故の起きた夜10時頃でも一定の視界がある事故現場に見えます。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn

現在の報道発表では、橘智秋さんをひいたワゴン車と乗用車のドライバーが
逮捕されたのか、自首したのか、逃走したのかまでの詳細は発表されていません。

ワゴン車と乗用車のドライバーが降車し救護にあたったのでしょうか。

橘智秋さんのSNS情報

「橘智秋」での検索でいくつかヒットしたので、気になる方はご覧ください。

スポンサーリンク

死亡事故の動機

警察の現場検証で死亡した橘智秋さんは横断歩道ではない道路を
横断していたことが濃厚のようです。

横断歩道ではない道を走行中、突然歩行者が横断しブレーキが間に合わず
橘智秋さんをはねてしまったのでしょうか。

はねた車両は2台でワゴン車と乗用車だったようです。

先行のワゴン車にはねられた橘智秋さんは隣の車線に跳ね飛ばされ、
その車線を走行していた乗用車に再びひかれました。

即死だったのでしょうか。

ネットの反応

スポンサーリンク

まとめ

交通事故は被害者も加害者も誰も喜ぶ人はいませんね。
被害者にも一定の過失があったのか、交通事故の捜査の進展が待たれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする