谷口良太郎容疑者(38)の顔画像?大阪豊中【腐敗遺体は母親!】男のFacebook情報やネットの反応公開!

逮捕された男の顔画像や個人情報、事件発覚の経緯や容疑者が現在拘留されている警察署の情報など事件の詳細をご紹介します。

大阪府豊中市で6月28日(金)、母親の遺体をおよそ1年に渡って自宅に放置したとして同居していた息子の男が逮捕されました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

容疑者のプロフィール

氏名 谷口良太郎
読み仮名 たにぐちりょうたろう?
年齢 38
居住地 大阪府豊中市熊野町
職業 会社員

谷口良太郎容疑者の顔

現在まで逮捕時の画像や送検時の画像など公表されていませんでした。
公開されましたら追記致します。

谷口良太郎容疑者の自宅周辺情報

谷口良太郎容疑者の自宅は大阪府豊中市熊野町にあります。周囲には幼稚園や学校が多く点在しているエリアです。

谷口良太郎容疑者が勾留されている豊中署の画像

谷口良太郎容疑者の身柄は大阪府豊中市南桜塚3丁目4-11にある大阪府警豊中警察署に置かれているものとみられます。

谷口良太郎容疑者のFacebook情報

「谷口良太郎」というワードでFacebookのアカウントを調べて見ましたが、特定には至りませんでした。

リサーチ結果を掲載しますので気になる方はご覧ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

事件発覚の経緯

報道発表によれば谷口良太郎容疑者は今月6月28日(金)、勤務先の同僚に対し「自宅で母が死んでいる」と打ち明けたそうです。打ち明けられた同僚が豊中署に110番通報し事件が発覚しました。捜査員が谷口良太郎容疑者の自宅に急行したところ布団の上にある遺体を発見をしました。

逮捕後の谷口良太郎容疑者の供述内容

谷口良太郎容疑者は昨年2018年6月、自宅で死亡した76歳の母親の遺体をそのまま自宅に放置したとされています。豊中署によれば谷口良太郎容疑者は逮捕後「母親は寝たきりになったので看病していたが、昨年6月中旬に亡くなった」などと供述。

遺体は一部が白骨化しているといい、警察は死亡の経緯などについて捜査を進める方針です。

谷口良太郎容疑者にかけられている罪名は

豊中署に身柄を拘束された谷口良太郎容疑者にかけられている容疑は「死体遺棄罪」です。

量刑は?

死体遺棄罪の量刑は刑法190条に「3年以下の懲役に処する」と法定されています。家庭環境や金銭事情などを鑑み量刑が下ります。

谷口良太郎容疑者の供述・認否は?

豊中警察署に身柄を拘束された谷口良太郎容疑者は捜査員の取り調べに対し「母親は病死した。葬式のために金を使いたくなかった」と供述し容疑を認めているということです。

谷口良太郎容疑者の逮捕後の流れ

豊中警察は谷口良太郎容疑者の逮捕後48時間以内に検察に送致するか判断します。

送検された後、担当検事は24時間以内に勾留(谷口良太郎容疑者を拘束)するかどうかを判断します。

※勾留期間は最大20でこの20日の中で起訴するかどうか検察官の取り調べが行われます。

起訴された場合、約1ヶ月程度で裁判を受け有罪か無罪かの判決が下されます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

死臭など近隣住民からの通報はなかったのでしょうか。部屋に目張りなど匂いが広がらない策を施していた可能性を推察します。

お母様のご冥福をお祈り致します。

引用元:SANKEI NEWS

↓あわせて読みたい『今週』全国の事件・事故↓

毎日更新中!【最近の投稿】から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする