杉岡洋二容疑者の顔!「首を絞め母親を殺した」男のFacebook情報やネットの反応公開!

逮捕された男の顔画像や個人情報、殺害現場となった自宅画像や逮捕後の供述内容など事件の詳細をご紹介します。
埼玉県杉戸町で8月13日(火)、85歳になる高齢女性を殺害した容疑で逮捕されたのは息子。認知症からくる介護疲れ、ストレスの果ての結末だったのでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

容疑者のプロフィール

氏名 杉岡洋二
読み仮名 すぎおかようじ
年齢 51
居住地 埼玉県杉戸町高野台西5丁目
職業 会社員

杉岡洋二容疑者の顔

JNN

他にこの家族を救う手立てはなかったのでしょうか。

杉岡洋二容疑者の自宅周辺情報

事件現場ともなった杉岡洋二容疑者の自宅は埼玉県杉戸町高野台西5丁目にあります。東武伊勢崎線や東武動物公園などがあるエリアです。

亡くなった方の情報

氏名 敏子さん
読み仮名 としこ?
享年 85
居住地 埼玉県杉戸町高野台西5丁目
母親からみた容疑者の続柄 次男

警察署から検察庁に送致されるときの画像

JNN

検察庁は今回の事案をどのように判断するのでしょうか。情状酌量の検討もされるのでしょうか。

報道番組でも取り上げられました

JNN

8月15日(木)夕方の報道番組でも放送されました。

殺害現場画像

JNN

杉岡洋二容疑者は母親と同居する自宅で殺める結果となってしまいました。

杉岡洋二容疑者が勾留されている杉戸署の画像

杉岡洋二容疑者の身柄は埼玉県北葛飾郡杉戸町大字堤根4673−1にある埼玉県警杉戸警察署に置かれているものとみられます。

杉岡洋二容疑者のFacebook情報

「杉岡洋二」というワードでFacebookのアカウントを調べて見ましたが、特定には至りませんでした。

リサーチ結果を掲載しますので気になる方はご覧ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

認知症介護の現実

報道発表によれば杉岡洋二容疑者は認知症を患う敏子さんを懸命に介護していたそうです。杉戸警察署は介護疲れから母親を殺害したとみて捜査を進めています。

杉岡洋二容疑者にかけられている罪名は

杉戸署に身柄を拘束された杉岡洋二容疑者にかけられている容疑は「殺人罪」です。

量刑は?

殺人罪の量刑は死刑または無期懲役、もしくは5年以上の懲役となっているようです。死刑になる場合は複数人を殺害した場合に適用されるそうです。

杉岡洋二容疑者の供述・認否は?

杉戸警察署に身柄を拘束された杉岡洋二容疑者は捜査員の取り調べに対し「首を絞め母親を殺した。将来を悲観して殺した」と供述し容疑を認めているということです。

杉岡洋二容疑者の逮捕後の流れ

杉戸警察は杉岡洋二容疑者の逮捕後48時間以内に検察に送致するか判断します。

送検された後、担当検事は24時間以内に勾留(杉岡洋二容疑者を拘束)するかどうかを判断します。

※勾留期間は最大20でこの20日の中で起訴するかどうか検察官の取り調べが行われます。

起訴された場合、約1ヶ月程度で裁判を受け有罪か無罪かの判決が下されます。

ネットの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

ときに公的介護保険制度は認知症の前に無力なのだと痛感させられます。「デイサービスに預ければ」「ショートステイを利用すれば」という声が聞こえてきそうですが認知症罹患者の場合生活環境が変わることに敏感で強い拒否や抵抗を示す場面も少なくありません。

今後日本は超高齢社会に突入していく中で比例するように認知症を患う高齢者も増加をしていきます。自己の時間も犠牲にし懸命に自宅介護に向き合っている方々が「容疑者」と呼ばれることがない社会を切に願います。

↓あわせて読みたい『今週』全国の事件・事故↓

毎日更新中!【最近の投稿】から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする