菖蒲谷将樹容疑者はオートバイ放火男だった!?容疑者の顔画像やSNS情報を公開

連続放火事件の容疑者を逮捕!その顔画像も公開。
駐車場にとめてあったオートバイ複数台に火をはなった今回の事件。一歩間違えば大変な事態に発展しかねない悪質な事案。

逮捕された男の情報顔画像個人SNS情報を公開します。

スポンサーリンク

事件概要

事件が起きたのは昨年12月3日(月)、場所は東京都稲城市内の駐車場

容疑者のプロフィール

氏名 菖蒲谷将樹
読み仮名 しょうぶだにまさき
年齢 34
居住地 東京都稲城市
職業 無職

菖蒲谷将樹容疑者の顔画像

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn

他人のバイクに放火した容疑がもたれている菖蒲谷将樹容疑者

警察署から検察庁に送致されるときの画像

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn

警視庁多摩中央署から検察庁に送致される時の画像です。

報道番組でも取り上げられました

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn

9日深夜のニュースで報道されました。

菖蒲谷将樹容疑者のSNS情報

facebookのアカウントを調べて見ましたが、特定には至りませんでした。

外との交流を遮断した生活をしていたのでしょうか。

スポンサーリンク

事件の考察

菖蒲谷将樹容疑者は自宅近くのアパート駐輪場にしのび込み、そこに駐車してあったオートバイに火をはなったとのことです。

現場付近では半径およそ250mの範囲で放火事件が立て続けに4件発生しており菖蒲谷将樹容疑者の関与もあると見て捜査を進めています(別件で逮捕されていました)。

菖蒲谷将樹容疑者にかけられている罪名は

菖蒲谷将樹容疑者にかけられている罪名は「放火罪」です。
放火罪は人の命をも奪いかねない極めて危険な事案であり量刑も重くなります。

量刑は?

現住建造物等放火罪(現に人が生活している建物や乗り物)が成立する場合、5年以上の懲役刑しかない極めて重い量刑が刑法に法定化されています。

菖蒲谷将樹容疑者の供述・認否は?

警視庁に逮捕された菖蒲谷将樹容疑者は取り調べに対し「むしゃくしゃして火を付けた」と供述しています。

火が大きくなるさまを物陰から見て興奮していたのでしょうか。

菖蒲谷将樹容疑者の逮捕後の流れ

警視庁多摩中央署は菖蒲谷将樹容疑者の逮捕後48時間以内に検察に送致するか判断します。

送検された後、担当検事は24時間以内に勾留(菖蒲谷将樹容疑者を拘束)するか
どうかを判断します。

※勾留期間は最大20日でこの20日の中で起訴するかどうか検察官の取り調べが行われます。

起訴後約1ヶ月程度で裁判を受け有罪か無罪かの判決が下されます。

ネットの反応

  • 顔を見る限りではあっち系の方に見えますが・・・

    「ムシャクシャした気持ちがあって火をつけた」とかだからって精神鑑定しなくて良いですからね・・・

    何度も言いますが被害者からすれば、責任能力の有無とか全く関係無いですし、責任能力がない上にそういった行動をとる方の方がよほど危険にも拘らず、減刑や無罪になる司法の判断の方が可笑しいんですからね・・・

    引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn

スポンサーリンク

まとめ

火をはなち近隣住民があわてふためいたり緊急車両が出動しあたりが騒然とする様子を見ることでストレス発散をしていたとすれば身勝手極まりない犯行です。

オートバイを所有していた被害者は保険などで損害額の賠償ができるのでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする