佐賀市鍋島町内にある踏み切りに若いカップルが飛び込み・・・現場特定!【押されることのなかった非常停止ボタン】

佐賀市鍋島町八戸のJR線の踏切で5月13日午後9時頃、県立高校に通う若い男女2人が列車にはねられ死亡しました。即死だったものとみられます。

高校生の男女が列車に飛び込んだ踏切の画像や運転手の証言、事故当時の状況などご紹介します。

スポンサーリンク

亡くなった方の情報

性別 男性
享年 16
居住地 佐賀市内
高校 佐賀市内県立高校2年
死亡確認 その場で死亡確認

亡くなった方の情報

性別 女性
享年 16
居住地 佐賀市内
高校 佐賀市内県立高校2年
死亡確認 病院に搬送され死亡確認

報道番組でも取り上げられました

NNN

5月14日(火)朝の報道番組でも放送されました。

スポンサーリンク

事故現場画像(グーグルビュー)

男女2人はどのような想いでこの景色を見ていたのでしょうか。

押されることのなかった非常停止ボタン

現場には非常ボタンが備え付けられています。

スポンサーリンク

若い命が・・・

佐賀県警の発表によれば男女2人が下りの普通列車にはねられ2名とも死亡が確認されました。少年は現場で死亡、少女は運ばれた病院先で死亡が確認されました。

乗員乗客の怪我は

当時JR長崎線の列車に乗る乗員乗客ら約70人にケガはありませんでした。

運転手の証言

現場はJR鍋島駅に近い遮断機のある踏切で、佐賀県警の調べに対し運転士は「2人が線路に入ってきて立ち止まった。ブレーキをかけたが間に合わなかった」と話しているということです。

ネットの反応

●死を美化しているのかな?二人で死んだってずっと一緒に居られる訳じゃないと思うよ。親が可哀想。

●16歳と言う微妙な年齢。二人で死を選ばなければ成らない様な事情が有ったのかも知れませんが、この位の年齢だと、周囲に相談出来る人が限られて居るのでしょうし、男女のどちらかが死を望み、それに同調した片方が心中を結論としたのでしょうが、各々の家庭環境も気に成ります。しかし、鉄道を死に場所にするのは止めて欲しいです。飛び込まれた運転士さんの気持ちを思うと、事故後のストレス障害が心配ですし、乗客や駅で足止めされる利用者への影響も多大です。これが心中で無くて、無理矢理手を引っ張られての、ストーカーだったりだと、とても怖い事件に成りますよね。

●恋愛関係だったのかな。二人で生きる道を選ばなかったんだね。

●何があったか分かりませんが自殺だけは やめてほしいです。身体の不自由なひと達も一生懸命生きていてその親子兄妹も一生懸命育てて皆んなで生きています自殺したりすると、一番苦しむのは誰かを思って、おもいとどまって欲しいですね。こうして今、TVでの報道もされてしまいます。関係ないひと達にも迷惑かけてしまう事も考えて欲しいです。親御さんも、子供達が話をしたいそぶりをするのを感じたときには、十分に聞いてあげて欲しいです。中高生は、まだ 幼い幼児と同じような所があります。仲良しすぎて イジメられたのかもしれません。今の学校は、多少 恐いなと思う所もあります。一人がイジメの言葉をだすと心無い子が集まって、また 同じ事でイジメが大きくなる。イジメの自殺報道も多いです。仲良くしている二人を見て温かく見守って欲しい。何故 イジメをして心無い事するのか? イジメをする子の方が 1番弱い子だと思います。

●最後に思い留まる何かが無かった事が残念です。この先 生きていれば楽しい事があったはずなのになぁ。。ご冥福をお祈りいたします。

https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

まとめ

死亡した男女のご両親のことを考えると胸が痛いです。警察は2人が自殺したものとみて現場検証を進めています。

ご冥福をお祈り申し上げます。

↓併せて読みたい『今週』全国の事件・事故↓

毎日更新中!【最近の投稿】から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする