【大阪市浪速区】マンションから幼い2歳児が転落死!母親がしつけでベランダに

残酷な事故が発生してしまった!
大阪市浪速区で母親がしつけの末に2歳児がマンションベランダから誤って転落死

事故現場となった大阪市浪速区のマンションと見られる画像特定。家族構成も紹介します!

スポンサーリンク

事故現場画像(グーグルビュー)

事故現場と見られる大阪市浪速区塩草1丁目のマンション。

交通量の多い道沿いに立つマンション。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn

男児は3階ベランダから誤って転落しました。

大阪市浪速区塩草1丁目周辺状況です。小・中学校が並ぶ子育て世帯が多い地域のようです。

わずか15分の間に悲劇が

大阪府警浪速署の発表では、当時母親はおもちゃを片付けない2歳の次男に対し躾と称し自室のベランダに出し、その時刻は1月3日(木)午前11時40分頃

その後母親が物音がしなくなったことからベランダを確認するとそこに2歳男児の姿はなく、ベランダ鉄格子から敷地内を見下ろすとそこに我が子が転落しているところを発見。
その時刻がおよそ午前11時55分

この15分の間に幼児は転落死した可能性が高いようです。

15分の間の幼児の動き

自宅マンションのベランダに出された2歳男児はベランダに置いてあった水槽を踏み台として鉄格子を乗り越えたものと見られています。

鉄格子の高さはおよそ1.2m程度ったとのことです。

家族構成

父親 36歳
母親 36歳
長男 8歳
転落死した次男の中田快音(かいと)ちゃん 2歳

4人家族で生活をしていたようです。父親は事故当時外出しており長男は室内にいました。
2歳男児は3日(木)に転落し2日後の5日(土)に搬送先の医療機関で死亡が確認されました。

スポンサーリンク

事件の考察

母親も幼少期にしつけと称しベランダにだされた経験があったのでしょうか。しつけは連鎖すると言うます。自分が育てられたように我が子も育てようとします。

母親と父親の育児体制は解りませんが、2歳の幼い子供におもちゃを片付けないことで制裁を下すのはしつけといっても度を越していると感じます。

母親が育児ストレスに悩んでいたり、夫婦関係や友人関係、近隣住民とのトラブルなど何か情緒不安定になる原因があったのでしょうか。

ネットの反応

  • もっと判断能力身に付けて!
    こうゆう事例をもっとこれから親になる人に知ってもらった方がいいと思う。自分はそんな風にしない。うちの奥さんはできるはず。明日は我が身。やはり子育てはお母さんにとって嬉しい事だけでははい。

    引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

まとめ

母親にはかわいい我が子をベランダから転落死させる動機はなかったと信じたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする