奥崎貴紀の顔画像公開!他人のクレカ情報を不正に入手し悪用した容疑で逮捕!Facebook情報を公開。ネットの反応は!?

青森県に住む「クレジットマスター」が他人のクレジットカード情報をパソコンを使い不正に取得し悪用したとして逮捕された今回の事案。逮捕された男の顔画像や実名、現在勾留されているとみられる警察署の画像など事件の真相に迫ります。

スポンサーリンク

容疑者のプロフィール

氏名 奥崎貴紀
読み仮名 おくざきたかのり
年令 36
居住地 青森県
職業 無職

奥崎貴紀容疑者の顔画像

JNN

悪質な手法でいとも簡単に他人の金をせしめた奥崎貴紀容疑者。

警視庁巣鴨署に連行されたときの画像

JNN

警視庁巣鴨署に連行されたときの画像です。逃げ切れると思っていたのでしょうか。

報道番組でも放送されました

JNN

3月14日(木)夕方の報道番組でも取り上げられました。

スポンサーリンク

奥崎貴紀容疑者が勾留されているとみられる巣鴨署の画像

現在奥崎貴紀の身柄が拘束されている警視庁巣鴨署の画像です。

奥崎貴紀容疑者のFacebook情報

「奥崎貴紀」というワードでFacebookのアカウントを調べて見ましたが、特定には至りませんでした。

リサーチ結果を掲載しますので気になる方はご覧ください。

スポンサーリンク

他人のクレカで旅行予約39万円分

奥崎貴紀容疑者は他人のクレカ情報を不正に入手し旅行予約などをし散財をしていたようです。

驚愕の被害額が判明

報道発表によれば同様の手口で集めた被害額は2400万円相当にのぼるということです。ある日突然身に覚えのない金額がクレジットカードの明細に記されていたら大変驚く事態です。

この他交際していた19歳の未成年の少女もともに逮捕されています。

クレジットカードマスターとは?

奥崎貴紀容疑者は「コンピューターを使って特殊な計算を行い、他人のカード番号を割り出す悪質な手法」を実行し自由自在にネットで買い物などをしていたそうです。

奥崎貴紀容疑者にかけられている罪名は

巣鴨署に身柄を拘束された奥崎貴紀容疑者にかけられている容疑は「電子計算機使用詐欺罪」です。

量刑は?

刑法第246条の2に10年以下の懲役に処すると法定されています。詐欺罪と電子計算機使用詐欺罪は区別されているようです。人相手なら詐欺罪、コンピュータ相手の詐欺なら電子計算機使用詐欺罪となるようです。

奥崎貴紀容疑者の供述・認否は?

警視庁巣鴨署に身柄を拘束された奥崎貴紀容疑者は捜査員の取り調べに対し容疑を認めているということです。

奥崎貴紀容疑者の逮捕後の流れ

巣鴨署は奥崎貴紀容疑者の逮捕後48時間以内に検察に送致するか判断します。

送検された後、担当検事は24時間以内に勾留(奥崎貴紀容疑者を拘束)するか
どうかを判断します。

※勾留期間は最大20でこの20日の中で起訴するかどうか検察官の取り調べが行われます。

起訴された場合、約1ヶ月程度で裁判を受け有罪か無罪かの判決が下されます。

ネットの反応

・凄い才能!いいことに使おう。

  • 世の中にはもっとすごいクレジット被害があると思います。

  • カードの裏面にある、セキュリティコードもわかるんだ へー
    そんなものができるなら、もっとまともなことに知恵を搾ればよかったのに。

  • ちくしょう
    あと一年遅く逮捕されてたら女も顔と氏名公開されたのになあ。

  • キャッシュレスが拡がってきてるのに、これだと怖くて移行出来ない。

https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

まとめ

もっと世の為人の為になるところに知恵を使えないものでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする