大石佳代容疑者の顔?死亡ひき逃げ事故!【現場におきざり?】勤務先や学歴は?FacebookやSNS情報/横浜市

逮捕された女の顔画像や個人情報、職業や学歴、容疑者が現在拘留されている警察署の情報など事故の詳細をご紹介します。

神奈川県横浜市で1月5日(日)午後7時頃、横浜市都筑区の路上で高齢女性がひき逃げされて死亡した事件で、神奈川県警は現場近くに住む女を逮捕しました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

容疑者のプロフィール

氏名 大石佳代
読み仮名 おおいしかよ
年齢 49
居住地 神奈川県横浜市都筑区
職業 パート従業員

大石佳代容疑者の顔

現在まで逮捕時の画像や送検時の画像など公表されていませんでした。公開されましたら追記致します。

大石佳代容疑者の自宅周辺情報

大石佳代容疑者の自宅は神奈川県横浜市都筑区内にあります。

死亡した方の情報

氏名 広岡峰子さん
読み仮名 ひろおかみねこ
享年 74
居住地 不明
職業 不明

事故現場画像

死亡ひき逃げ事故は横浜市都筑区茅ケ崎中央、片側三車線の見通しのよい区役所通りで発生しました。

報道番組でも取り上げられました

ANN

1月9日(木)朝の報道番組でも放送されました。

事故当時の天候は?

tenki.jp

ひき逃げ事故が発生した1月5日(日)の午後7時頃、神奈川県上空には雨雲は発生しておらず視界は良好だったと推察します。

大石佳代容疑者の勤務先は?

現段階で大石佳代容疑者の勤務先や学歴は特定できませんでした。報道発表等されましたら追記情報として上げさせていただきます。

大石佳代容疑者が勾留されている都筑署の画像

大石佳代容疑者の身柄は神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央34−1にある神奈川県警都筑警察署に置かれているものとみられます。

大石佳代容疑者のFacebook情報

「大石佳代」というワードでFacebookのアカウントを調べた結果!

リサーチ結果を掲載しますので気になる方はご覧ください。特定はできておりません。

大石佳代容疑者のTwitter情報

「大石佳代」のTwitter検索結果はこちらです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おきざり!?

報道発表によれば大石佳代容疑者は1月5日(日)午後7時前、都筑区内の市道を横断していた広岡峰子さんを車ではねて死亡させその場から逃走した容疑がもたれています。

事故発覚の経緯

大石佳代容疑者による死亡ひき逃げ事故に関し、神奈川県警が事故現場付近の防犯カメラの映像解析を進めた結果、大石佳代容疑者の関与が浮上したため神奈川県警は事故から3日経過後の1月8日(水)の夜になって逮捕しました。

大石佳代容疑者にかけられている罪名は

広岡峰子さんを引いてその場から逃走した大石佳代容疑者にかけられている罪名は「道路交通法違反(過失運転致死傷罪)」「自動車運転処罰法」となる可能性があります。また「救護義務違反」「報告義務違反」にも問われる可能性もあります。

量刑は?

●過失運転致死傷罪の場合の量刑は7年以下の懲役若しくは禁錮または100万円以下の罰金
●危険運転致死となれば1年以上の有期懲役と刑法に法定されています。

大石佳代容疑者の供述・認否は?

神奈川県警に身柄を拘束された大石佳代容疑者は捜査員の取り調べに対し「何かに乗り上げた衝撃はあったが、事故を起こした認識はない」と供述し容疑を否認しているということです。

大石佳代容疑者の逮捕後の流れ

神奈川県警は大石佳代容疑者の逮捕後48時間以内に検察に送致するか判断します。

送検された後、担当検事は24時間以内に勾留(大石佳代容疑者を拘束)するかどうかを判断します。

※勾留期間は最大20でこの20日の中で起訴するかどうか検察官の取り調べが行われます。

起訴された場合、約1ヶ月程度で裁判を受け有罪か無罪かの判決が下されます。

ネットの反応

●子供にも何回も言って教えている。それであのセリフを真剣に使っている。逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ。気が動転しても、この言葉を3回繰り返すイメージを刷り込ませていれば、その場から逃げたりしないだろう、と願う。現実から目を背けなければ、ひき逃げ犯という何十年も牢屋に入れられることはない。そして何より、その人を助けなければ、と思って欲しい。

●轢き逃げは重大な犯罪だが、今は交通事故死の約半数が高齢者。 映像を見ると横断歩道がない道路で、今なら午後7時は夜。外灯がない所は真っ暗だ。 高齢者の皆さん、夜の外出時、歩道以外を横断するのはやめて下さい!!

●何かに乗り上げたら普通止まって確認するでしょ…。

●高齢者の中には車が止まってくれる環境で育った人がいるので今更意識を変えるのは難しいはず。 今はスマホ運転等があり安全意識が低い時代! 対策が望まれます。

●乗り上げた時点で普通はとまる。車の確認をすると思う。それをしなかったということは人を轢いた認識はあったハズ。

●婆さんが渡るには、到底無理な道路です。ドライバーも前を良く見てたら、気がつくはずだし間に合わなくて跳ねても被害は、最悪な結果にならなかったのじゃないかな。停止して通報していたら結果は違っていただろう。

●最近このようないかれて未熟な運転手が激増しています。「何かに乗り上げた衝撃はあったが、事故を起こした認識はない」といういい訳は本当の事だと思います。恐らく前方10〜20先の狭い場所しか見ていなかったのでしょう。これが一般的な運転手になりつつあります。

●容疑を認めない常套手段。 ましてや人に乗り上げたら相当な衝撃があるはず。普通なら止まって降りるよな。

●何かに乗り上げた記憶はあるんだ(笑) 間違いなくひき逃げだね。 まったく思い当たらない筈だからね。 あと防犯カメラどうかな?減速したり止まったりしてればひき逃げ確定。

●なぜに否認する??普通は堪忍するだろ。当時は普通じゃなかったのだろうな。 逃げたら終わり。

●認識はなかったなんて言ってるくらいだから反省なんてしてないですな。亡くなっているのに自分の身の保身を考えてるなんて悪質。

●おばあさんは、道路で横になっていたのでしょうか?

●最近の高齢者はロクなのがいないな。

https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

本事案が事実であるならば事故現場に横断歩道は見当たりません。横断歩道のない片側三車線の大きな道を横断することは危険行為と感じます。いずれにしてもドライバーには緊急時を想定した安全運転が求められます。

広岡峰子さんのご冥福をお祈りいたします。

↓あわせて読みたい『今週』全国の事件・事故↓

都度更新中!【最近の投稿】から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする