大平良夫さん死亡確認!悲惨な現場【正面衝突事故】死者のFacebook情報やネットの反応公開!

負傷した相手方はまさかの!死亡した方の情報や事故現場画像、大破した事故車両の画像など事件の詳細をご紹介します。

栃木県宇都宮市の交差点で7月3日午前、乗用車同士が衝突する事故があり車両を運転していた男性が死亡しました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

死亡した方の情報

氏名 大平良夫さん
読み仮名 おおひらよしお
享年 58
居住地 栃木県宇都宮市内
職業 会社員

報道番組でも取り上げられました

JNN

7月4日(木)朝の報道番組でも放送されました。

事故現場画像(グーグルビュー)

死者をだした痛ましい交通事故は宇都宮市鶴田町151付近の交通量の多い交差点付近で発生しました。

事故当時の天候

tenki.jp

現在大雨の影響で九州地方を中心に避難勧告がでていますが、事故が発生した7月3日(水)の午前9時頃の宇都宮市上空には雨雲は発生しておらず見通しや視界は良好だった可能性を推察します。

事故現場の画像

JNN

多くの捜査員が事故現場に集まり一時現場は騒然となりました。

負傷した相手方の情報

氏名 入江悠太
読み仮名 いりえゆうた
年齢 21
居住地 不明
職業 栃木県警警察官(巡査)
怪我の程度 胸などを打って軽傷
事故当時の状況 休日で乗用車を運転

入江悠太さんが運転していたとみられる車両の画像

大きく大破しています。

JNN

大平良夫さんが運転していたとみられる車両は横転までしています。事故の衝撃の強さを物語っています。

事故車両には

JNN

死亡した大平良夫さんが乗車していたとみられる軽自動車には「車椅子マーク」が貼り付けられています。推察の域を出ませんが何か運転中にトラブルがあったのでしょうか。

大平良夫さんのFacebook情報

「大平良夫」というワードでFacebookのアカウントを調べて見ましたが、特定には至りませんでした。

リサーチ結果を掲載しますので気になる方はご覧ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

事故当時現場でなにが

報道発表によれば事故現場は交通量の多い片側2車線の幹線道路で、右折車用の信号機も交差点には設置されていたそうです。

ネットの反応

●事故が多くなったのか、事故の報道が多くなったのか。

●宇都宮在住です。免許は他県でとり、他県で運転することが多かったが、数年前、Uターン。その感想。宇都宮というか、栃木県は無理な右折するくるが多すぎる。せっかちなのか、直進車が迫ってても、当たり前のように入ってくることが、多い。右折の矢印が出たり、時差信号になってるとこでも、待とうとしない車多い。何度か直進車待ってる間、後ろの車が右側から抜いて、右折されたこともある。免許取るとき厳しくしても たぶん直らない。直進、左折と右折を分けて矢印出す交差点が、あるが、そういうのを増やして、右折レーンないところは、右折禁止とかにしないとこういう事故は無くならないと思う。

●その時の信号状況にもよるが…。直進の信号が青なら、右折しようとした乗用車運転の警官が悪いよね…。

●いかんせん軽自動車の安全性低過ぎる。 国内販売台数の4割が軽自動車。 しかも事故れば死亡では… 安全性確保でサイズ規格拡大してきた経緯があるが、メーカーは室内空間を広くするだけでドアの厚みやボンネットを長くしたりの工夫は無し。 室内空間など360ccや550ccサイズで充分なのでは? 軽自動車なんだから。 それよりクラッシャブルゾーンをもっと広く取って、骨格の強度や分散の仕方にもっと注力して欲しい。

●右折が21歳。でも、20代は運転するな!とはならない。マスコミが「また20代が、右折事故」とでも煽れば、運転は30代からとでもなるのだろうか。直進車が信号無視じゃない限り、右折車が悪い。若くても、高齢でも運転は個人の資質と、注意です。

https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

今後事故当時の状況など防犯カメラの映像解析や目撃者の情報などから明らかになると思います。大平良夫さんのご冥福をお祈り致します。

↓あわせて読みたい『今週』全国の事件・事故↓

毎日更新中!【最近の投稿】から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする