野々山昌弥の顔画像公開!知人の高級楽器を無断で売りさばいた容疑で逮捕!Facebook情報を公開。ネットの反応は!?

話しはさかのぼること2015年、東京都調布市で楽器店を営んでいた経営者が客から預かっていた高級バイオリンを無断で売却し現金化しその後国外へ逃走していたとされる業務上横領事件。

逮捕された男の顔画像や個人情報、高級バイオリンの情報、逃走先から日本へ強制送還される際の画像など事件の詳細に迫ります。

スポンサーリンク

容疑者のプロフィール

氏名 野々山昌弥
読み仮名 ののやままさや
年齢 57
事件後の足取り 調布市で楽器店経営→フィリピンマニラへ逃亡
職業 元楽器店経営

野々山昌弥容疑者の顔

FNN

人の物を勝手に売ってはいけないということを小学生の時に教えられなかったのでしょうか。

フィリピン当局から日本へ強制送還される直前の画像

FNN

手錠で身柄を拘束されているもようです。

羽田空港から警視庁へ連行されるときの画像

FNN

昨日3月20日(木)に潜伏先のマニラから羽田空港へ到着後警視庁の捜査員に連行されました。

報道番組でも取り上げられました

FNN

3月21日(金)正午の報道番組でも放送されました。

スポンサーリンク

売却された高級バイオリン「ニコラ・ガリアーノ」の写真

文京楽器HP

1740-1780頃にかけて制作された歴史ある二コラ・ガリアーノの作品。

野々山昌弥容疑者のFacebook情報

「野々山昌弥」というワードでFacebookのアカウントを調べて見ましたが、特定には至りませんでした。

リサーチ結果を掲載しますので気になる方はご覧ください。

スポンサーリンク

売却で得た金額は?

報道発表によれば野々山昌弥容疑者は高級バイオリン「二コラ・ガリアーノ」を別の楽器店で1,500万円で売却してしまったということです。

野々山昌弥容疑者にかけられている罪名は

警視庁に身柄を拘束された野々山昌弥容疑者にかけられている容疑は「業務上横領罪」です。

量刑は?

業務上横領罪は刑法253条に10年以下の懲役刑と法定されています。この罪に罰金刑はないようです。

野々山昌弥容疑者の供述・認否は?

警視庁に身柄を拘束された野々山昌弥容疑者の認否に関し現段階で警察は認否を明らかにしていませんでした。

野々山昌弥容疑者の逮捕後の流れ

警視庁は野々山昌弥容疑者の逮捕後48時間以内に検察に送致するか判断します。

送検された後、担当検事は24時間以内に勾留(野々山昌弥容疑者を拘束)するか
どうかを判断します。

※勾留期間は最大20でこの20日の中で起訴するかどうか検察官の取り調べが行われます。

起訴された場合、約1ヶ月程度で裁判を受け有罪か無罪かの判決が下されます。

ネットの反応

・バイオリンは本人の元に戻るんだろうか。

買った方もすごい金額払ったわけで、それ勝手に売られたものだから返してって言われてもハイわかりましたとはならないよね。

  • 歴史的価値しかないバイオリン。1500万円でも欲しい人は欲しいのですよね。

  • よっぽど、金欲しかったんだね、貧乏人は刑務所に一番近い存在。パチスロ絡めば確変モード。私もPW 研究所辞めなければよかった。

  • 人様のものを勝手に売り飛ばすとかとんでもない野郎ですね
    マグロ漁船にも乗れない年齢だろうけど、死ぬまで働かせてきっちり弁償してもらいましょう。

  • フィリピンに逃げたら大丈夫とでも思ったか?
    年金を差し押さえた上で強制労働させて賠償を!

https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

まとめ

無断売却で得た多額の現金の使途が気になるところです。1,500万円を持ちフィリピンへ逃亡し余生を過ごそうとしていたのでしょうか。

他にも高級楽器を売却していたのでしょうか。警視庁は余罪も含め捜査を進めているということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする