西村康彦容疑者の顔画像リサーチ!愛知稲沢【横断歩道の悲劇】男のFacebook情報やネットの反応公開!

愛知県稲沢市内の交差点で9月13日(金)午後1時30分頃、横断歩道を渡っていた80歳の母親と55歳の娘が乗用車にはねられ、娘が意識不明の重体となる痛ましい交通事故が発生し愛知県警は、乗用車を運転していた男を過失運転致傷の現行犯で逮捕しました。

逮捕された男の顔画像や個人情報、事故現場周辺情報や容疑者が運転していた事故車両の画像など事件の詳細をご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

容疑者のプロフィール

氏名 西村康彦
読み仮名 にしむらやすひこ
年齢 74
居住地 愛知県清須市
職業 無職

西村康彦容疑者の顔

現在まで逮捕時の画像や送検時の画像など公表されていませんでした。
公開されましたら追記致します。

西村康彦容疑者の自宅周辺情報

西村康彦容疑者の自宅は愛知県清須市内にあります。名古屋市の北西、名古屋高速6号清須線などが走るエリアです。

容疑者が運転していた事故車両の画像

東海テレビ

左前方が大きく破損しており事故の衝撃の大きさを物語っています。

事故現場周辺情報

親子がはねられた痛ましい交通事故は愛知県稲沢市下津長田町内の信号機のある交差点で発生しました。

事故当時の天候

tenki.jp

横断歩道での悲劇が発生した9月13日(金)午後1時頃、稲沢市上空には雨雲は発生しておらず視界は良好だったと推察します。

西村康彦容疑者が勾留されている稲沢署の画像

西村康彦容疑者の身柄は愛知県稲沢市朝府町15−5にある愛知県警稲沢警察署に置かれているものとみられます。

西村康彦容疑者のFacebook情報

「西村康彦」というワードでFacebookのアカウントを調べて見ましたが、特定には至りませんでした。

リサーチ結果を掲載しますので気になる方はご覧ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

右折の際に

報道発表によれば西村康彦容疑者は55歳の女性と80歳の母親が歩いて横断歩道を渡っていた際、乗っていた乗用車を右折させたところは親子をはねたということです。

被害に合われた親子の病状

被害に合われた親子2人は事故後医療機関に救急搬送されましたが、55歳の娘は全身を強く強打していて意識不明の重体、80歳の母親も足の骨を骨折るなどの重傷ということです。

西村康彦容疑者にかけられている罪名は

愛知県警に身柄を拘束された西村康彦容疑者にかけられている容疑は「過失運転致傷」です。

量刑は?

●過失運転致死傷罪の場合の量刑は7年以下の懲役若しくは禁錮または100万円以下の罰金
●危険運転致死となれば1年以上の有期懲役と刑法に法定されています。

西村康彦容疑者の供述・認否は?

愛知県警に身柄を拘束された西村康彦容疑者は捜査員の取り調べに対し容疑を認めているということです。

西村康彦容疑者の逮捕後の流れ

愛知県警は西村康彦容疑者の逮捕後48時間以内に検察に送致するか判断します。

送検された後、担当検事は24時間以内に勾留(西村康彦容疑者を拘束)するかどうかを判断します。

※勾留期間は最大20でこの20日の中で起訴するかどうか検察官の取り調べが行われます。

起訴された場合、約1ヶ月程度で裁判を受け有罪か無罪かの判決が下されます。

ネットの反応

●右折車は「対向車が途切れるのを待つ」ばかりではなく、横断歩行者にも注意を払わぬばならないのは常識です。 一方で「交通量が激しい交差点」の場合、僅かなタイミングで右折をしなければならないが故、歩行者に対する注意が疎かになりやすい問題もあります。 これは信号の仕組み上、右折者と横断歩行者が「横断歩道上でクロスプレーする構造」が事故の元凶だと言わざるを得ません。 横断歩道を併設する交差点の場合、全ての信号を「歩車分離式」にする必要があります。

●色んな車がミサイル化してますね。 私自身普段車を運転していて、減速してから右左折直前でウィンカーを急に出す方や、パーキングから車道 へ合流した直後に十分な加速をしない方等をよく見かけるようになりました。 その多くがご年配の方で視野角が狭く、進行方向への確認や後方へのミラー確認、周りの車の流れや車速等を意識していません。(反応が遅いだけなのかも知れませんが) 歩行者はもちろん、他のドライバーにも迷惑が掛かっています。このような悲しい事故が起こる前に、免許証の自主返納を強くおすすめ致します。

●気の毒な事故ですね。 ただ、過失事故は誰でも起こす可能性がある。 私は、子供に絶対車を信用するなといつも言っています。 運転手が、自分に気が付いていないことが、絶対あるからと。 まあ、事故防止機能付きの車が必要なのでしょうね。 政府が補助金を出して、総入れ替えをすれば、事故が大幅に減るのだろうが…

●右折するときは横断歩道の歩行者や自転車の安全確認は絶対です。 直進車ばかり見ていてはダメです。 横断歩道も確認してないと はやく右折したいという思いがあると安全確認もおろそかになります。 交差点の真ん中の右折の矢印マークに沿って右折しないと行けません。その矢印マークよりもだいぶ前から右折する車を見かけます。

●右折の際に、バイクを含む直進車に気を奪われ過ぎ、歩行者に気が付いた時点ではブレーキが間に合わなかったんだろう。昼間の事故だしね。 運転者としては注意力不足。行政面ではインフラの整備不完全。 加害者・被害者をこれ以上増やさないためにも具体策が必要だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

高齢の母親に寄り添い買い物に出かけようとしていたのでしょうか。被害に合われた親子は横断歩道を渡っていたとすれば過失は極めて低いと推察します。

お母様と娘様の日も早い回復を切に願います。

引用元:東海テレビ

↓あわせて読みたい『今週』全国の事件・事故↓

毎日更新中!【最近の投稿】から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする