男性をボンネットに乗せ逃走!78歳男の顔画像や事件現場の画像を公開。ネットの反応は!?

【驚愕】名古屋市守山区で発生した被害者をボンネットに乗せたまま公道を走行し振り切った正気ではない交通事故が発生!

逮捕された男の顔画像や身辺情報、事故現場の画像、被疑者が勾留されているとみられる警察署の画像など紹介します。

スポンサーリンク

事件詳細

事件が発生したのは2月18日(月)午前8時頃、原付バイクと乗用車による接触事故が発生しました。接触事故を起こしたにも関わらず乗用車のドライバーは停車することなくその場から逃走。原付バイクの男性ドライバーがバイクで約1Kmに渡ってあとを追いかけ、乗用車の前に立ちはだかり進路を塞ぐようにした際、乗用車はそのまま前進し、はずみで原付バイクのドライバーは乗用車のボンネットに飛ばされ、乗用車はそのまま走行を続けたとされる事案。

容疑者のプロフィール

氏名 不明
性別
年齢 78
居住地 不明
職業 不明

78歳の高齢者の顔画像

現在まで逮捕時の画像や送検時の画像など公表されていませんでした。
公開されましたら追記致します。

報道番組でも取り上げられました

NNN

2月18日(月)午後の報道番組でも放送されました。

事故現場画像(グーグルビュー)

名古屋市守山区竜泉寺の公道で接触事故が発生した県道15号線。このあたりからボンネットに乗せたまま走行が始まったものとみられています。

原付バイクの男性が車から飛び降りたとされる付近のグーグルビュー

ここの信号機付近で乗用車は停車、原付バイクのドライバーである29歳男性は停車したすきに乗用車から飛び降りたということです。およそ150m程度ボンネットに乗せたまま走行したようです。

78歳の高齢者が勾留されているとみられる守山署の画像

78歳の男性が現在勾留されているとみられる愛知県警守山署の画像です。

スポンサーリンク

容疑者がその後自ら出頭

29歳男性がボンネットから飛び降りたあと容疑者は逃走。その後1時間半後に78歳男性は守山署に出頭してきたということで、その場で現行犯逮捕されました。

78歳の高齢者にかけられている罪名は

守山署に身柄を拘束された78歳の高齢者にかけられている容疑は「殺人未遂」です。

量刑は?

殺人未遂罪は殺人罪と同等に扱われると刑法に書かれています。殺人未遂罪の場合減刑対象となることがあります。

法定では懲役5年以上と規定されています。実際判例では懲役7年以下が大半を占めています。

78歳の容疑者の悪意性、計画性、殺意などが判断され量刑となります。

78歳の高齢者の供述・認否は?

愛知県警守山警察署に身柄を拘束された78歳の高齢者の認否について現在まで報道発表はされていません。

今後公表されましたら追記致します。

78歳の高齢者の逮捕後の流れ

警察は78歳の高齢者の逮捕後48時間以内に検察に送致するか判断します。

送検された後、担当検事は24時間以内に勾留(78歳の高齢者を拘束)するか
どうかを判断します。

※勾留期間は最大20日でこの20日の中で起訴するかどうか検察官の取り調べが行われます。

起訴された場合、約1ヶ月程度で裁判を受け有罪か無罪かの判決が下されます。

ネットの反応

  • 爺さん、婆さん、高齢で免許返納せず運転し続けてもロクなことないぞ

  • 控えめにいってもエチガイやな。エの縦線突き抜ける。

  • 1名様ボンネットバスにご乗車です。

  • 困った爺さんだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

まとめ

一歩間違えれば被害男性は命を落とす危険性あった今回の事件。ボンネットに人がしがみ付いているなかでハンドルを握る感覚が理解できません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする