茂垣真也容疑者の顔画像リサーチ!【誘拐犯だった】茨城県龍ヶ崎市で!男のFacebook情報やネットの反応公開!

茨城県龍ヶ崎市で5月18日(土)午前10時頃、1人公園で遊んでいた小学1年生の男の子を突如誘拐したとして誘拐犯の男が逮捕されました。

逮捕された男の顔画像や個人情報、容疑者が現在拘留されている警察署の情報や容疑者宅周辺情報など事件の詳細をご紹介します。

スポンサーリンク

容疑者のプロフィール

氏名 茂垣真也
読み仮名 もがみしんや
年齢 35
居住地 茨城県稲敷郡
職業 自称アルバイト

茂垣真也容疑者の顔

現在まで逮捕時の画像や送検時の画像など公表されていませんでした。
公開されましたら追記致します。

茂垣真也容疑者の自宅周辺情報

茂垣真也容疑者の自宅は茨城県稲敷郡にあります。竜ヶ崎市に隣接するエリアです。

報道番組でも取り上げられました

NNN

5月19日(日)夜の報道番組でも放送されました。

スポンサーリンク

事件現場画像

誘拐事件は茨城県龍ヶ崎市内の公園で発生しました。

茂垣真也容疑者が勾留されている龍ヶ崎署の画像

茂垣真也容疑者の身柄は茨城県龍ケ崎市光順田2505-2にある龍ヶ崎警察署に置かれているものとみられます。

茂垣真也容疑者のFacebook情報

「茂垣真也」というワードでFacebookのアカウントを調べて見ましたが、特定には至りませんでした。

リサーチ結果を掲載しますので気になる方はご覧ください。

スポンサーリンク

茂垣真也容疑者が男の子に放った誘い言葉判明!

報道発表によれば龍ヶ崎市内の公園で1人で遊んでいた小学1年生の男の子に「おもちゃを買ってあげる」などと声をかけ、車で連れ去った容疑がもたれています。

誘拐後の行動

男の子はその後茂垣真也容疑者が運転する車で移動しラジコンや水鉄砲などおもちゃを購入、一緒に公園に戻ってきたところを男の子の母親に無事保護されたそうです。

逮捕に至った経緯

茂垣真也容疑者は男の子を解放後公園から車で逃走していましたが、容疑者の車のナンバーを男の子の母親が覚えていて19日(日)に逮捕となりました。

茂垣真也容疑者にかけられている罪名は

龍ヶ崎署に身柄を拘束された茂垣真也容疑者にかけられている容疑は「未成年者誘拐」です。

量刑は?

未成年者拐取(かいしゅ)罪は刑法228条に法定されており、その量刑は3月以上7年以下の懲役となっています。また未遂であっても処罰対象となります。

また同罪は親告罪となっており告訴がなければ公の裁判に訴えることができないシステムになっているようです。

茂垣真也容疑者の供述・認否は?

龍ヶ崎署に身柄を拘束された茂垣真也容疑者は捜査員の取り調べに対し容疑を認めているということです。

茂垣真也容疑者の逮捕後の流れ

龍ヶ崎署は茂垣真也容疑者の逮捕後48時間以内に検察に送致するか判断します。

送検された後、担当検事は24時間以内に勾留(茂垣真也容疑者を拘束)するか
どうかを判断します。

※勾留期間は最大20でこの20日の中で起訴するかどうか検察官の取り調べが行われます。

起訴された場合、約1ヶ月程度で裁判を受け有罪か無罪かの判決が下されます。

ネットの反応

●何もなくて良かった。でも子供にオモチャを買って送迎までしてくれて、、、ついつい子どもが喜ぶことをしてあげたかっただけの実は良い人だったら可哀想だな。

●本人は悪気はなかったのかもしれないけれど、親御さんの心配を思うと許されない行為。やはり、子どもが1人でいるのは危険なことだと実感しました。帰り道など、1人にならなければいけないこともあるので、変な人に声をかけられたらどうするか普段から話をしておくのも大事だと思いました。

●なに目的??公園戻ってきたのはなぜ??おもちゃ買ってくれて送り届けたただのいい人?ではないよね。。。無事でよかったです。

●公園に戻ってきたって事は身代金目的じゃないのはわかる。もしかしたらただの子供好きかもしれないけど、それでもそれはやってはいけない事くらい35歳なら分かるよね

●誘拐は当然犯罪だし紛らわしい行為はよくないと思うけど、経済力がなくて結婚できずにいる男性が増えている現状、ふと孤独感に襲われて「俺にもこのくらいの息子がいたらな…」って思う人もいるはず。若い人の孤独死が増えている記事とかを見ると寂しいて、悲しいね。どうして日本はこうなってしまったんだろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

まとめ

我が子が突然公園から姿を消した時の母親の心境を思うと不安の時間となったはずです。男の子に怪我などなかったのが不幸中の幸いです。

↓併せて読みたい『今週』全国の事件・事故↓

毎日更新中!【最近の投稿】から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする