望月寿正容疑者を交通死亡事故の容疑で逮捕!容疑者の顔画像やSNS情報を公開。事故現場周辺情報は!?

横浜市青葉区で発生した歩行者と乗用車による接触事故。被害者はその後死亡確認。夕暮れ迫る市道で何が起きたのか。

逮捕された男の顔画像や身辺情報、事故現場や現在勾留されている警察署の画像、事故の詳細を紹介します。

スポンサーリンク

事件詳細

交通事故は2月16日(土)午後6時40分頃横浜市青葉区あかね台1丁目の市道で横断歩道を歩いて渡っていた男性と乗用車が接触し、被害男性が死亡した事件。

容疑者のプロフィール

氏名 望月寿正
読み仮名 不明
年齢 59
居住地 神奈川県横浜市青葉区奈良4-1-1
職業 読売日本交響楽団ヴァイオリニスト

望月寿正容疑者の顔画像

Bayer

ヴァイオリニストとして活躍されていた望月寿正容疑者。

望月寿正容疑者の自宅とみられるマンション

神奈川県横浜市青葉区奈良4-1-1の地図上にあるマンションである。望月寿正容疑者の自宅と見られています。

産経新聞

事故現場画像(グーグルビュー)

報道発表によれば事故現場は横浜市青葉区あかね台1丁目とのことです。※画像は事故現場と特定できていませんが、いずれにしれもあかね台1丁目の信号機のない横断歩道を渡っていた被害者男性をはねたとされ、望月寿正容疑者への過失は高いと思われます。

望月寿正容疑者が勾留されているとみられる青葉署の画像

現在留置場に勾留されているとみられる神奈川県警青葉署の画像です。

望月寿正容疑者のSNS情報

「望月寿正」というワードでFacebookのアカウントを調べて見ましたが、特定には至りませんでした。

リサーチ結果を掲載しますので気になる方はご覧ください。

スポンサーリンク

死亡した被害者の情報

被害者は近くに住む79歳の高齢男性ということです。

望月寿正容疑者自ら通報?

望月寿正容疑者は現行犯逮捕されていることからひき逃げなどではなく、被害者男性の救護義務や報告義務を速やかに行ったものと推察されます。

望月寿正容疑者にかけられている罪名は

神奈川県警青葉署に身柄を拘束された望月寿正容疑者にかけられている容疑は「自動車運転処罰法違反(過失傷害)」です。

量刑は?

  • 過失運転致死の場合の量刑は7年以下の懲役若しくは禁錮または100万円以下の罰金
  • 危険運転致死となれば1年以上の有期懲役と刑法に法定されています。

その後医療機関に搬送された被害者の男性は死亡が確認されたことから過失致死に容疑を切り替え捜査が続けられるものと思われます。

望月寿正容疑者の供述・認否は?

神奈川県警青葉署に身柄を拘束された望月寿正容疑者は捜査員の取り調べに対し「ぶつかって初めて気が付いた」と容疑を認めているということです。

望月寿正容疑者の逮捕後の流れ

神奈川県警青葉署は望月寿正容疑者の逮捕後48時間以内に検察に送致するか判断します。

送検された後、担当検事は24時間以内に勾留(望月寿正容疑者を拘束)するか
どうかを判断します。

※勾留期間は最大20日でこの20日の中で起訴するかどうか検察官の取り調べが行われます。

起訴された場合、約1ヶ月程度で裁判を受け有罪か無罪かの判決が下されます。

スポンサーリンク

まとめ

ハンドルを握るということは命を奪う危険性が常にはらんでいるということ。実の引き締まる思いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする