【熊本市・夫の運転ミスにより妻死亡!】激しい事故車両の画像公開!悲劇はなぜ起きたのか

また高齢ドライバーによる悲惨な事故が発生してしまった。
しかも被害者は高齢ドライバーと長年苦楽を共にしてきた妻だった!

なぜ悲劇は起きてしまったのか。激しいダメージを受けた事故車両や事故現場
画像、事故の詳細を公開します。

スポンサーリンク

事故詳細

事故が起きたのは日が沈む12月19日(水)の午後5時頃。
場所は熊本県熊本市の市道。

亡くなったのは蟹江田鶴子さんで、夫と外出から戻った際
夫が自宅前から車庫入れをしようとハンドル操作に入り、蟹江田鶴子さんは
車外にでて夫の運転操作を補助するために誘導していたそう。

その時夫が運転操作を誤り、急発進したと思われ妻の蟹江田鶴子さんが車と橋の欄干に
勢いよく挟まれ意識不明に陥りました。

救急搬送された蟹江田鶴子さんは搬送先の医療機関で死亡が確認されました。

運転操作ミスの原因は?

今回の悲惨な事故は運転する夫の操作ミスだと報道されていますが、
予測される原因は

①ブレーキとアクセルの踏み間違え
②夫の認識と実際のギアレベルの相違
③事故発生時刻が夕刻であったことから視野の不明瞭による事故。

夫の持病による発作なども考えられます。

お亡くなりになられた蟹江田鶴子さんの情報

氏名 蟹江田鶴子さん
読み仮名 かにえたづこ
年齢 79
死因 多発外傷
夫の年齢 90

激しく損傷した事故車両

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn

事故車両はエアバッグが発動されているのが解ります。
それなりのスピードと衝撃がないとこうはなりません。

夫がブレーキとアクセルを踏み間違え、急発進し妻をはねてしまったのでしょうか。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn

「悲劇は起きてしまいました」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn

熊本市内の市道、事故現場画像になります。
パトカーや消防車、レスキューが多数集まり、事故現場は
一時騒然としました。

事故車両の車種は?

画像から分析すると、事故車両は「日産ノート・e-POWER」
と見られます。

踏み間違えシステムも搭載されているようですが。

引用:https://www.nissan.co.jp/

スポンサーリンク

事故当時の天候

引用:https://weather.goo.ne.jp/

事故当時の熊本市の天候はくもりで大雨など視界不良ではなかったようです。

報道番組でも取り上げられました

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn

夕方の報道番組でも大きく取り上げられました。

ネットの反応

スポンサーリンク

まとめ

師走の日本。

事故にあった夫婦は年末、お正月の買い出しに出かけて
いたのでしょうか。

楽しい家族団らんの大晦日・元旦が来ることはなくなってしまいました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする