東京江東区で会社役員腹を刺され重傷!襲撃した男は今も逃走中!逃げた男の特徴は?

東京都江東区で会社役員が何者かに襲撃され事件現場は血の海!現場には果物ナイフが落ちていました。惨劇はなぜ起きたのか!?刺した男は現在も逃走中!逃走犯の特徴など紹介します。

スポンサーリンク

事件詳細

5日、東京・江東区のビルで、会社役員の男性が男に刃物のようなもので腹を刺され、重傷を負う事件があった。刺した男は逃走していて、警視庁が行方を追っている。

警視庁などによると、5日午後7時前、江東区にあるビルの1階で、会社役員の男性が腹から血を流して倒れているのが見つかった。男性はビル内で、男に腹を複数回、刃物のようなもので刺され重傷を負ったという。刺した男は逃走している。現場からは凶器とみられる果物ナイフが見つかっている。

逃げた男は20代から30代、身長170センチくらいのやせ形で、茶色の上着にメガネをかけていたという。2人は顔見知りという情報もあり、警視庁は殺人未遂事件として、逃げた男の行方を追っている。

襲撃された会社役員のプロフィール

氏名 不明
読み仮名 不明
年齢 34
居住地 不明
職業 材木会社役員

襲撃した逃走犯の情報

性別
年齢 20代から30代
身長 170Cmくらい
体型 やせ型
身なり 茶色の上着に眼鏡着用

報道番組でも取り上げられました

NNN

スポンサーリンク

事件現場画像(グーグルビュー)

東京都江東区東陽7丁目のビルの廊下で発生した殺人未遂事件。

事件現場周辺情報

四ツ目通りと葛西橋通りなどが走る地域です。

スポンサーリンク

逃走犯にかけられている罪名は

現在も逃走している男にかけられている容疑は「殺人未遂」です。

量刑は?

殺人未遂罪は殺人罪と同等に扱われると刑法に書かれています。殺人未遂罪の場合減刑対象となることがあります。

法定では懲役5年以上と規定されています。実際判例では懲役7年以下が大半を占めています。

容疑者の悪意性、計画性、殺意などが判断され量刑となります。

逃走犯の逮捕後の流れ

警視庁深川署は逃走犯の逮捕後48時間以内に検察に送致するか判断します。

送検された後、担当検事は24時間以内に勾留するかどうかを判断します。

※勾留期間は最大20でこの20日の中で起訴するかどうか検察官の取り調べが行われます。

起訴された場合、約1ヶ月程度で裁判を受け有罪か無罪かの判決が下されます。

ネットの反応

  • 被害者の男性が回復し、早く犯人が捕まる事を願う。

  • 3月は事件が多い。やはり年度末でいろいろある。防犯カメラを増やすとかして犯人を追尾出来れば良いのですが、プライバシーの問題もあるので難しい。

  • 血痕が、、、凄い量。

  • 三浦さんて人が亡くなられた似たような事件なかった? 自殺とみなされたけど微妙な事件だった記憶だけが残ってる。

https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

まとめ

会社関連のトラブルがあったのでしょうか。これから街中の防犯カメラの映像解析が進められ逮捕も時間の問題だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする