私立大小林岳彦教授交通事故死!都内の交差点で自転車を運転中衝突

クリスマスイブの24日(月)都内の交差点で死亡交通事故が発生。
亡くなったのは私立大の男性教授。交差点で何があったのか。

私立大教授の顔画像や事故現場を特定!職場などの情報も紹介。

スポンサーリンク

事故概要

死亡事故が起きたのは東京都足立区の交差点。
自転車で交差点に進入した小林岳彦さんが右折しようとした瞬間に
後続車のワゴン車に接触しました。

小林岳彦さんのプロフィール

氏名 小林岳彦さん
読み仮名 こばやしたけひこ
年齢 65
職業 東京電機大学教授

小林岳彦さんの顔画像

65歳という早すぎる死となってしまいました。

東京電機大学の情報

創立 明治40年
学長 安田 浩
学生数 9,959人
教員数 357人

キャンパスは東京千住キャンパス 埼玉鳩山キャンパス 千葉ニュータウンキャンパスがあります。

今回の事故現場は足立区千住付近ですので、小林岳彦さんは東京千住キャンパスで研究活動や学生への指導を行っていた可能性が考えられます。

事故発生時刻は12月24日(月)の午前10時頃との報道発表です。
学生は既に冬休み期間に入っていた可能性が高く、また祝日で学校も休みのはずです。
休みに学校に行く用事があったのでしょうか。

報道番組でも取り上げられました。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn

事故現場画像

事故現場に設置してあった看板には

事故現場を検証したところ
「歩行者の信号無視による死亡事故多し。青信号で渡りましょう。千住警察署」
という看板が確認できました。

この交差点は交通事故多発地帯のようです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn

「千住宮元町」の信号のある交差点の事故現場は車通りの多い交差点です。

小林岳彦さんのSNS情報

小林岳彦」のFacebook検索結果 5件ヒット

小林岳彦と個人SMS情報をリサーチしたところ、Facebookで5件ヒットしました。
検索結果を公開します。

スポンサーリンク

事故の考察

警視庁捜査員の調べによりますと小林岳彦さんが歩道側の車道を走行し
交差点に進入。小林さんが後続車の確認不足により強引に右折しようとした結果
後ろから来たワゴン車に衝突したようです。

自転車で転倒後後続車にひかれて死亡したという報道はありません。
ワゴン車に衝突したことが直接の死因だとすれば、当たり所が悪かったのか
後続車のワゴン車が一定の速度がでていたのかいくつか想像されます。

また小林岳彦さんも一時停止せずに一定の速度を維持しながらそのまま
右折に入ってしまい、自転車もワゴン車も互いにそれ相当の速度で衝突したとすれば
人間に与える衝撃は予想以上のものになっていたと推察します。

ネットの反応

スポンサーリンク

まとめ

突然命を落とす結果となった今回の交通事故。
ご親族の悲しみや小林岳彦研究室の関係者などバタバタする
師走となっていることだとお察しいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする