小針誠一容疑者!府中警察組織的隠ぺい?【現職警察署職員が落し物を】男のFacebook情報やネットの反応公開!

逮捕起訴された現職警察署職員の顔画像や個人情報、不祥事が発生した警察署の情報や驚きの被害額など事件の詳細をご紹介します。

東京都府中市の警察署内でおよそ1年間に渡り、保管してあった落とし物の現金を盗んだとして現職警察署職員が逮捕起訴されました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

被告のプロフィール

氏名 小針誠一
読み仮名 こばりせいいち
年齢 49
居住地 東京都八王子市狭間町
職業 警視庁府中警察署会計課係長

小針誠一被告の顔

現在まで逮捕時の画像や送検時の画像など公表されていませんでした。
公開されましたら追記致します。

小針誠一被告の自宅周辺情報

小針誠一容疑者の自宅は東京都八王子市狭間町内にあります。京王高尾線狭間駅や国道20号線などが近いエリアです。

報道番組でも取り上げられました

JNN

8月24日(土)朝の報道番組でも放送されました。

事件現場画像(グーグルビュー)

警察署関係者が「泥棒」だった!?市民の信頼を失墜させた警察署は東京都府中市府中町1丁目10-5にある警視庁府中警察署です。

小針誠一容疑者のFacebook情報

「小針誠一」というワードでFacebookのアカウントを調べて見ましたが、特定には至りませんでした。

リサーチ結果を掲載しますので気になる方はご覧ください。

スポンサーリンク

驚きの盗んだ額

報道発表によれば小針誠一容疑者は府中警察署に拾得物として保管されていた現金を合わせておよそ200万円を盗んだ容疑で逮捕・起訴されました。警視庁によれば小針誠一被告は去年2018年5月頃からひそかに盗み行為に手を染めていたそうです。

組織的隠蔽か

しかも小針誠一被告を監督する立場であった上司の会計課長も、小針誠一被告の犯行に気づいていたものの上席に対し報告を怠り、犯人隠避の容疑で書類送検され停職3か月の処分を受けました。課長は既に依願退職したそうです。

小針誠一被告の動機

小針誠一被告は趣味の競馬で数百万の借金を作っていて「競馬に勝って盗んだ現金の穴埋めをすれば良いと思った」などと供述していて、依願退職した会計課長は今年2019年1月に犯行に気づいていたものの「早く穴埋めしろ」と指示していたそうです。

小針誠一容疑者にかけられている罪名は

警視庁に身柄を拘束された小針誠一被告にかけられている容疑は「窃盗罪」とみられます。

量刑は?

窃盗罪の刑罰は刑法に10年以下の懲役または50万円以下の罰金と法定されています。
被害額や容疑者の反省の程度などを考慮し裁判所で量刑が決まります。

今後検討される処分内容は?

今回の事件では公務員による不祥事が話題となっています。そこで公務員の処分の種類を紹介します。一般に公務員の処分は「懲戒処分」という表現が用いられます。

【懲戒処分は】

免職(クビ)→降任停職減給戒告訓告厳重注意口頭注意と重い処分順に地方公務員法に規定されています。

小針誠一被告はこの内、懲戒免職処分が決定され極めて重い処分が下りました。

小針誠一容疑者の逮捕後の流れ

警視庁は小針誠一容疑者の逮捕後48時間以内に検察に送致するか判断します。

送検された後、担当検事は24時間以内に勾留(小針誠一容疑者を拘束)するかどうかを判断します。

※勾留期間は最大20でこの20日の中で起訴するかどうか検察官の取り調べが行われます。

起訴された場合、約1ヶ月程度で裁判を受け有罪か無罪かの判決が下されます。

ネットの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

小針誠一容疑者の上司は依願退職したということですが、警視庁は退職金を満額支払ったのでしょうか。それとも支給する予定でいるのでしょうか。警察に取って最も重要なこと、それは市民からの信頼に付きます。市民感覚の真っ当な組織作りが求められます。

↓あわせて読みたい『今週』全国の事件・事故↓

毎日更新中!【最近の投稿】から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする