海上自衛隊所属金井啓祐は放火犯だった!顔画像公開!海自の所属部隊判明!

海上自衛隊に所属する金井啓祐容疑者を逮捕!
金井啓祐の裏の顔は放火犯だった!その事件の詳細や放火場所を特定。
金井啓祐容疑者の認否は?容疑の罪名は?一挙公開します。

スポンサーリンク

事件概要

金井啓祐容疑者は今年10月、神奈川県海老名市柏ヶ谷の山林に1人で進入し
持参していたライターで火を放ち、雑草などおよそ8平方メートルを焼いた疑いが
持たれています。

金井容疑者は放火現場から徒歩で行ける距離に自宅があり
犯行当時も徒歩で放火現場となった山林に向かったようです。

金井啓祐容疑者のプロフィール

氏名 金井啓祐
読み仮名 かないけいすけ
年齢 29歳
居住地 神奈川県海老名市
職業 海上自衛隊中央システム通信隊所属3等海曹

中央システム通信隊の業務内容

防衛省の訓令によれば
①通信システムの統制(コントロール)
②基幹通信網の維持管理
③海上幕僚長が定める通信網の構築
④調査・研究

金井啓祐容疑者の顔画像

引用:https://news.headlines.auone.jp/stories/movie/news/

2008年3月海上自衛隊入隊の金井啓祐容疑者。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn

またしても公務員のショッキングな事件が発生してしまいました。

現場の様子

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

火を放てば一気に燃え広がるであろう山林に見えますね。

引用:https://www.google.co.jp/maps/

神奈川県海老名市柏ヶ谷を航空写真で確認すると1箇所だけ
山林と思われる場所がありました。

もしこの場所が犯行現場だとすれば、すぐ近くに幼稚園があり
考えただけでぞっとします。

金井啓祐容疑者は園児を狙っての犯行だったのでしょうか。
幼稚園の騒音問題を契機に住民トラブルになったりするケースは多く
聞かれています。

放火犯は火を放ったあと近隣住民が騒ぐところを傍観し快感を得る
という話しは良く聞きます。

金井啓祐容疑者の細かい事件の動機は報道発表されていませんが
幼稚園の先生や園児たちが慌てふためく光景でも見たかったのでしょうか。

スポンサーリンク

金井啓祐容疑者の認否

付近の防犯カメラの映像から金井啓祐容疑者の犯行が浮上し逮捕に至った
今回の事件。

金井啓祐容疑者は捜査員の取り調べに対し
「山林に入って火をつけました」と容疑を認めています。

また金井啓祐容疑者は今回の山林放火以外にも海老名市や座間市近隣の車庫や
ゴミ集積場などが焼けた不審火4件に関しても犯行をほのめかしているそうです。

容疑がかけられている罪名は

神奈川県海老名署に身柄を拘束された金井啓祐容疑者。
金井容疑者にかけられている罪名は「森林法(放火)違反」

量刑は?

森林法第202条には
「他人の森林に放火した者は、2年以上の有期懲役に処する。」
となっています。

海上自衛隊のコメント

海上自衛隊は今回の事件に対し
「隊員が逮捕されたことは誠に遺憾。厳正かつ適切に対応するとともに、
再発防止に努めてまいります」とのコメントを発表。

ネットの反応

スポンサーリンク

まとめ

放火犯は幼少時に回りの目を盗み火遊びなどをしていた経験が
あるといわれています。

その時のスリルや火が勢いをましていくさまが快感となり
脳裏に焼き付いていたのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする