門倉茂輔(かどくらしげすけ)さんがひき逃げ事件の被害に!しかも驚愕の事実判明!事故現場画像やネットの反応は!?

横浜市磯子区で3月30日(土)午後7時30分頃、路上で80代の男性が車にひかれ死亡した痛ましい交通事故が発生しました。その後の捜査で驚愕の事実が判明!事故現場の画像や当時の雨雲レーダーの情報から事故の詳細を紹介します。

スポンサーリンク

死亡した被害者の情報

氏名 門倉茂輔さん
読み仮名 かどくらしげすけ
享年 81
居住地 横浜市内
職業 無職

報道番組でも取り上げられました

ANN

3月31日(日)早朝の報道番組でも放送されました。

スポンサーリンク

事故現場画像

ANN

捜査員の懸命な捜査が行われています。

事故当時の雨雲レーダー画像

tenki.jp

事故当時神奈川県上空には複数の雨雲が通過しています※赤マークが磯子区周辺です。当時事故現場は雨により路上は濡れており視界も悪かった可能性もあります。だからこそ安全慎重な運転が求められます。

スポンサーリンク

被害男性をひいたとみられる男性が自ら110番通報

報道発表によりますと車を運転していた40代の男性から「路上に倒れている人に乗り上げてしまった」と110番通報がありました。

被害男性は横断歩道を渡っていたか

死亡した門倉茂輔さんは横断歩道から約50m離れた路上で頭から血を流して仰向けで倒れていたということで、横断歩道を渡っているさなかに事故に合い横断歩道から約50mひきづられた可能性あります。

驚愕の事実判明

神奈川県警は防犯カメラから門倉茂輔さんが別の車にひき逃げされて路上に倒れていたところを更に自ら通報した40代の男性が運転する車両にひかれた可能性があるということです。

死亡ひき逃げ容疑者にかけられる罪名は

「道路交通法違反(過失運転致死傷罪)」「自動車運転処罰法」となる可能性があります。
また「救護義務違反」「報告義務違反」にも問われる可能性もあります。

死亡ひき逃げ事故の量刑は?

今後身柄を拘束されるであろう死亡ひき逃げ犯に科される量刑は

●過失運転致死の場合の量刑は7年以下の懲役若しくは禁錮または100万円以下の罰金
●危険運転致死となれば1年以上の有期懲役と刑法に法定されています。

危険運転致死傷とはひき逃げ犯が酒気帯び運転をしていた場合などが想定されるようです。

ひき逃げ容疑者の逮捕後の流れ

神奈川県警はひき逃げ容疑者の逮捕後48時間以内に検察に送致するか判断します。

送検された後、担当検事は24時間以内に勾留するかどうかを判断します。

※勾留期間は最大20でこの20日の中で起訴するかどうか検察官の取り調べが行われます。

起訴された場合、約1ヶ月程度で裁判を受け有罪か無罪かの判決が下されます。

ネットの反応

・勿論、一番悪いのは最初にひき逃げした輩だが、

どの段階で致命傷を負って死亡したのかが分からない。
二番目に乗り上げてしまった男性にも過失はあるが、
ちゃんと通報しているだけはるかにマシだ。

  • 二番目にひいてしまった人気の毒、けど、ちゃんと警察に連絡したのはエライと思う。

  • 最初に轢いた車がいたなら何故に逃げたのか?小石が当たっても大体気が付くのに、日本の警察は優秀だから辿り着くだろう。

  • 自動運転が普及したら避けられる事故なのかな?加害者になるのが怖い。もちろん被害者もだけれど。

  • 最初に逃げたひき逃げ犯を早く検挙して下さい。

https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

まとめ

死因は1度めにひかれた車両によるものなのか、またはその時点では息があるも2度めにひかれた事故が致命傷となったのか今後の捜査の進展が待たれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする