藤田孝男容疑者(33)の顔画像?【寺に侵入し・・・】男のFacebook情報は?

熊本県熊本市内で5月、寺に保管してあった多額の現金が盗まれる窃盗事件が発生し33歳の男が逮捕されました。

逮捕された男の顔画像や個人情報、容疑者の自宅周辺情報や巨額の被害額など事件の詳細をご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

容疑者のプロフィール

氏名 藤田孝男
読み仮名 不明
年齢 33
居住地 東京都板橋区
職業 無職

藤田孝男容疑者の顔

現在まで逮捕時の画像や送検時の画像など公表されていませんでした。
公開されましたら追記致します。

藤田孝男容疑者の自宅周辺情報

藤田孝男容疑者の自宅は東京都板橋区内にあります。

報道番組でも取り上げられました

RKK

6月7日(金)夜の報道番組でも放送されました。

事件現場周辺情報

藤田孝男容疑者が侵入したお寺は熊本市中央区内にあります。豊肥本線などが走るエリアです。

藤田孝男容疑者のFacebook情報

「藤田孝男」というワードでFacebookのアカウントを調べて見ましたが、特定には至りませんでした。

リサーチ結果を掲載しますので気になる方はご覧ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

巨額の被害額は?

報道発表によれば藤田孝男容疑者は熊本市中央区の寺に侵入し現金およそ430万円を盗んだ容疑がもたれています。

逮捕に至った経緯

被害にあった寺は防犯カメラを設置していて映像に藤田孝男容疑者の姿が映っており熊本県警が行方を追っていたそうです。

盗まれた430万円は

窃盗被害に遭った寺の住職によりますと、「盗まれた現金430万円は納骨堂を建設するための資金だった」ということです。

藤田孝男容疑者にかけられている罪名は

熊本県警に身柄を拘束された藤田孝男容疑者にかけられている容疑は「窃盗罪」です。

量刑は?

窃盗罪の刑罰は刑法に10年以下の懲役または50万円以下の罰金と法定されています。
被害額や容疑者の反省の程度などを考慮し裁判所で量刑が決まります。

藤田孝男容疑者の供述・認否は?

熊本県警に身柄を拘束された藤田孝男容疑者は捜査員の取り調べに対し「何も言いたくない」と供述し黙秘しているそうです。

藤田孝男容疑者の逮捕後の流れ

熊本県警は藤田孝男容疑者の逮捕後48時間以内に検察に送致するか判断します。

送検された後、担当検事は24時間以内に勾留(藤田孝男容疑者を拘束)するか
どうかを判断します。

※勾留期間は最大20でこの20日の中で起訴するかどうか検察官の取り調べが行われます。

起訴された場合、約1ヶ月程度で裁判を受け有罪か無罪かの判決が下されます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

板橋区在住の容疑者が熊本市内で窃盗に入ったのはなぜなのでしょうか。実家が熊本だったのでしょうか。またなぜ430万円の保管場所を知っていたのでしょうか。そして盗んだ430万円はどこにいったのか。散財してしまったのか。真相解明が待たれます。

↓併せて読みたい『今週』全国の事件・事故↓

毎日更新中!【最近の投稿】から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする