細池志郎容疑者の顔画像?デイサービス暴行「怒りが頂点に・・・」介護士の男のFacebook情報やネットの反応公開!

逮捕された男の顔画像や個人情報、事件現場となった介護施設の画像や容疑者が現在拘留されている警察署の情報など事件の詳細をご紹介します。

神奈川県横浜市内の介護施設で7月2日(火)午前7時すぎ、入居者の90歳の男性を殴り重傷を負わせたとして介護職員の男が逮捕されました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

容疑者のプロフィール

氏名 細池志郎
読み仮名 ほそいけしろう
年齢 58
居住地 横浜市緑区東本郷1丁目
職業 介護士

細池志郎容疑者の顔

現在まで逮捕時の画像や送検時の画像など公表されていませんでした。
公開されましたら追記致します。

細池志郎容疑者の自宅周辺情報

細池志郎容疑者の自宅は横浜市緑区東本郷1丁目にあります。鶴見川や横浜線が走るエリアです。

報道番組でも取り上げられました

ANN

7月3日(水)深夜の報道番組でも放送されました。

事件現場画像(グーグルビュー)

介護施設での暴行事件は神奈川県横浜市神奈川区六角橋5丁目1-15にある「デイサービスクティール六角橋」にあります。一般住宅を改装したタイプの建物のようです。

細池志郎容疑者が勾留されている神奈川署の画像

細池志郎容疑者の身柄は神奈川県横浜市神奈川区神奈川2丁目15-3にある警察署神奈川に身柄が置かれているものとみられます。

細池志郎容疑者のFacebook情報

「細池志郎」というワードでFacebookのアカウントを調べて見ましたが、特定には至りませんでした。

リサーチ結果を掲載しますので気になる方はご覧ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

被害高齢者の怪我の程度は

報道発表によれば負傷した高齢男性は医療機関に搬送されて外傷性くも膜下出血などの診断を受け入院になったそうです。命に別状はないということです。

事件当時の状況

細池志郎容疑者は施設の食堂で男性の食事介助を担当していた際、素手で顔面を複数回殴打したとのことです。

細池志郎容疑者にかけられている罪名は

神奈川署に身柄を拘束された細池志郎容疑者にかけられている容疑は「傷害罪」です。

量刑は?

傷害罪の懲役刑は刑法に懲役15年以下と法定されているようです。また傷害の程度が軽微な場合、罰金刑などになることもあります。

被害者と加害者の間で示談が成立することもあります。執行猶予が付くこともあるようです。

細池志郎容疑者の供述・認否は?

神奈川警察署に身柄を拘束された細池志郎容疑者は捜査員の取り調べに対し「暴言を我慢していたが、怒りが頂点に達して殴ってしまった」と供述し容疑を認めているということです。

細池志郎容疑者の逮捕後の流れ

神奈川警察は細池志郎容疑者の逮捕後48時間以内に検察に送致するか判断します。

送検された後、担当検事は24時間以内に勾留(細池志郎容疑者を拘束)するかどうかを判断します。

※勾留期間は最大20でこの20日の中で起訴するかどうか検察官の取り調べが行われます。

起訴された場合、約1ヶ月程度で裁判を受け有罪か無罪かの判決が下されます。

ネットの反応

●認知症を含め介護の苦しさは家族や介護職員でないと分からないです。高齢者が自宅や施設で安心して生活できるようになればと思います。 《介護施設の安全配慮義務》 提供するにあたって、利用者の生命・身体・財産に損害を与えてはならないという信義則上の義務を負っています。 具体的には、介護事業者は、施設利用契約上、サービスの提供を受ける者の心身の状態を的確に把握し、施設利用に伴う転倒等の事故を防止する安全配慮義務を負っています。 そして、安全配慮義務があるにもかかわらずこれを怠ったと認められる場合、介護事業者は、安全配慮義務違反によって生じた損害を賠償する責任を負うことになります(債務不履行責任) 判例上も、最高裁判所昭和50年2月25日判決で認められました。

●認知症の方を介護するという事は、非常に難しく、認知症が、進むにつれ暴言、暴行は日常茶飯事です。 悪い事は、悪いと事業所側が理解し、入居時の契約書にそれらの行為があった際の対応について、撤収していれば、ある程度職員への指導ができたものの、大概の事業所は職員側が泣き寝入りです。認知症の方も横柄な方もいて「金払っているんだか」とやりたい放題、職員をお手伝いさんとして見ている方もいる。実際に現場は何処の業態でも人手不足の為、職員の設置基準を満たす事を最優先に考え、不適正人事が行われていて、「嫌だったら辞める」が蔓延しています。結局、誰が悪いとか決められないのは、国が民間に丸投げしているからに尽きる。

●58歳で介護の現場で働かなきゃいけないのは辛いですね。 仕事が沢山あって選ばなければいくらでも働けた時代と違って、スキルの無い中高年が働くとしたら介護という選択肢が入って来ます。 あきらかに向いてない人も仕方なく働いたり、雇う側も人手不足ですから多少難があっても雇わざるを得ません。 殴ったら人生終わりですから、虐待しそうになったら職場放棄して逃げちゃう事を介護職の方には勧めたいです。

●黙って言うことを聞く入居者は意図的に長く居させる。 乱暴な言うことを聞かない入居者はできる限り短い滞在で出て行ってもらう。 これが儲かる施設のやり方。 この施設はそうでなかった。理想に満ちた介護施設だったという事でしょう。

https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

看板にデイサービスとありますが、朝食介助時の事件ということで「お泊りデイ」を運営していた可能性があります。お泊りデイとは介護施設がいっぱいで待機者が多い現状の社会問題に関しお昼間だけお預かりする要介護者を夜間も預かる補完的サービスです。

推察の域を出ませんが細池志郎容疑者は事件当時夜勤明けで体力的にも精神的にも疲労困憊で手を挙げてしまった可能性があります。

今後の捜査の真相解明が待たれます。

↓あわせて読みたい『今週』全国の事件・事故↓

毎日更新中!【最近の投稿】から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする