比志島浩明容疑者の顔【親父の骨を!】勤務先や学歴は?FacebookやSNS情報/東京駅

逮捕された男の顔画像や個人情報、職業や学歴、容疑者が現在拘留されている警察署の情報など事件の詳細をご紹介します。

東京駅で去年2019年11月、東京駅構内のトイレの個室に父親の遺骨を放置したとして会社員の男が警視庁丸の内警察署に逮捕されました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

容疑者のプロフィール

氏名 比志島浩明
読み仮名 ひしじまひろあき
年齢 53
居住地 東京都港区港南
職業 会社員

比志島浩明容疑者の顔

JNN

父親の遺骨を東京駅構内に遺棄しその場から立ち去ったとされる比志島浩明容疑者。

比志島浩明容疑者の自宅周辺情報

比志島浩明容疑者の自宅は東京都港区港南にあります。

警察署から検察庁に送致されるときの画像

JNN

警察官に囲まれ護送車に乗り込むところの画像です。検察庁での取り調べで何を語るのでしょうか。

報道番組でも取り上げられました

JNN

1月17日(金)夜の報道番組でも放送されました。

事件現場周辺情報

比志島浩明容疑者による遺骨遺棄事件は東京都千代田区丸の内1丁目にある東京駅、東京メトロ丸ノ内線駅構内で発生しました。

比志島浩明容疑者の勤務先は?

現段階で比志島浩明容疑者の勤務先や学歴は特定できませんでした。報道発表等されましたら追記情報として上げさせていただきます。

比志島浩明容疑者が勾留されている丸の内署の画像

比志島浩明容疑者の身柄は東京都千代田区丸の内3丁目8−1にある警視庁丸の内警察署に置かれているものとみられます。

比志島浩明容疑者のFacebook情報

「比志島浩明」というワードでFacebookのアカウントを調べた結果「1件」ヒットしました!

リサーチ結果を掲載しますので気になる方はご覧ください。特定はできておりません。

比志島浩明容疑者のTwitter情報

「比志島浩明」のTwitter検索結果はこちらです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

無縁仏?

報道発表によれば比志島浩明容疑者の父親は比志島浩明容疑者の母親との離婚が成立した去年2019年9月に83歳で病死し、当時遺体の引き取り手がなかったため新宿区役所が遺骨を保管していたそうです。

事件発覚の経緯

その後区役所の調査で連絡を受けた比志島浩明容疑者が遺骨を一旦は受け取ったものの、帰宅途中に東京駅構内のトイレに放置しその場から立ち去ったそうです。

比志島浩明容疑者にかけられている罪名は

丸の内署に身柄を拘束された比志島浩明容疑者にかけられている容疑は「遺骨遺棄罪」です。

比志島浩明容疑者の供述・認否は?

丸の内警察署に身柄を拘束された比志島浩明容疑者は捜査員の取り調べに対し「母親に遺骨を持って帰るなと言われ、面倒になって捨てた」と供述し容疑を認めているということです。

比志島浩明容疑者の逮捕後の流れ

丸の内警察は比志島浩明容疑者の逮捕後48時間以内に検察に送致するか判断します。

送検された後、担当検事は24時間以内に勾留(比志島浩明容疑者を拘束)するかどうかを判断します。

※勾留期間は最大20でこの20日の中で起訴するかどうか検察官の取り調べが行われます。

起訴された場合、約1ヶ月程度で裁判を受け有罪か無罪かの判決が下されます。

ネットの反応

●是非はともかくとして、つぼと別にしてごみ箱に捨てれば逮捕なんてされなかったはず。 放置、に留めたのが息子としてぎりぎりのラインだったのでは? てか、遺骨を放置したら逮捕されるのね、初めて知った。

●どういう親子関係だったんだろう。酷い父親で親らしい事してもらった事ない場合は遺骨の引き取りを拒否してもいいのだろうか。

●悪いことは悪いけど、事情が事情だけに同情はしてしまうなー。行政が複数人をまとめて焼いてくれたパターンだと思うけど、その後散骨とかはしてくれないものなのかなぁ。それぞれ事情があるよね。

●親子関係と言うより、夫婦関係が最悪だったのね。まぁ、母親にしたら離婚した元旦那の遺骨を持って来られても困るよね。息子にしたら間に挟まれてしまった感じですかね。

●離婚した母親と同居していたら絶縁状態の父親かもしれない。そんな父親の遺骨でも市役所に言われたら引き取らないといけないのかな?遺骨を持って帰るなと母親に言われたら、どうしていいかわからない。複雑だろうな。

●色々あると思うけど役所は何で離婚した相手に連絡をするのだろうか役所で手続きをして離婚成立した時点で身寄りがいなければ無縁仏にするのが普通だと思うけど。

●表現の仕方はあれだが、親が亡くなって悲しいという感情より、困ったという感情が大きい人がこれから増えていくのかもしれませんね。お金や管理や色んな事情もあって、さて、これはどうしていいものかという凄く事務的な思考になったのでしょう。これも時代なのでしょうか、悲しいものです。

●稀に遺骨の処理に困る人がいる。私の友人で幼い頃に両親が離婚し母に引取られた後にやがて成人してから結婚し妻帯者に。父の顔さえ覚えてないらしい。数十年後に警察から連絡あって実子であるその友人に遺体?遺骨?の引き取りの依頼がありやむなく自宅へ持ち帰り。その後、寺に納骨するのもお金がかかるしその遺骨をテレビボードの上に数ヶ月放置。友人の妻は「気持ち悪いからどうにかしてよ!」と、夫である私の友人に言い続けたが、馬耳東風で遺骨をリビングに放置したまま。で、妻はついに切れて実家に帰り離婚しました。私はその話を聞いて「う〜ん」としか言えませんでした。

https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

東京駅のトイレで骨壺を発見した方は驚いたことと推察します。親子とはなんなのでしょうか。

↓あわせて読みたい『今週』全国の事件・事故↓

都度更新中!【最近の投稿】から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする