国枝正樹を逮捕!岐阜市奥の老人ホームで高齢者を虐待!老人ホームを特定!

岐阜県岐阜市奥にある介護施設で38歳の介護スタッフが入所女性(95)の顔面を複数回殴打し顔や口に軽傷を負わせたとされる事件。

事件詳細

勤め先の老人ホームで入所女性(95)を殴るなどしてけがを負わせたとして、岐阜北署は9日、岐阜県大垣市北方町、元介護職員の男(38)を傷害容疑で逮捕した。男は調べに対し、「顔をビンタするなどしてけがをさせたことは間違いない」と容疑を認めているという。

 発表によると、男は6日午前0~6時頃、岐阜市奥の特別養護老人ホーム「さくら苑」の個室で、入所女性の顔を複数回殴るなどの暴行を加え、顔や口に軽傷を負わせた疑い。

 男は当時、当直勤務中だった。男と交代した別の職員が女性の顔のけがに気付き、特養ホーム側が施設内のカメラ映像などを確認。男に8日、事実関係を問いただし、本人が認めたため同署に通報した。男は同日に退職したという。

読売新聞オンライン

スポンサーリンク

容疑者のプロフィール

氏名
国枝正樹
読み仮名 くにえだまさき
年齢 38
居住地 岐阜県大垣市北方町
職業 介護職員

事件現場画像(グーグルビュー)

事件現場となった岐阜県岐阜市奥2-28-1にある特別養護老人ホームさくら苑の画像です。複数の介護施設を運営しているようです。

容疑者が勾留されているとみられる岐阜北署の画像

岐阜市上土居2丁目2-22にある岐阜県警岐阜北署です。留置場に勾留されている元介護スタッフ。

スポンサーリンク

国枝正樹容疑者にかけられている罪名は

岐阜北署に身柄を拘束された元介護スタッフにかけられている容疑は「傷害罪」です。

量刑は?

傷害罪の懲役刑は刑法に懲役15年以下と法定されているようです。また傷害の程度が軽微な場合、罰金刑などになることもあります。

国枝正樹容疑者の供述・認否は?

岐阜北署に身柄を拘束された元介護スタッフは捜査員の取り調べに対し「顔をビンタするなどしてけがをさせたことは間違いない」容疑を認めているということです。

国枝正樹容疑者の逮捕後の流れ

岐阜北署に逮捕された容疑者は逮捕後48時間以内に検察に送致するか判断します。

送検された後、担当検事は24時間以内に勾留するかどうかを判断します。

※勾留期間は最大20でこの20日の中で起訴するかどうか検察官の取り調べが行われます。

起訴された場合、約1ヶ月程度で裁判を受け有罪か無罪かの判決が下されます。

スポンサーリンク

まとめ

介護施設での高齢者虐待事案はその多くが従業員の人数が減る深夜帯に発生しています。だからといって手を挙げることは決して許されません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする