愛知県名古屋市で8月8日頃、死亡した父親とみられる遺体を刃物で損壊した容疑で女が逮捕されました。

逮捕された女の顔画像や個人情報、娘が現在拘留されている警察署の情報や遺体損壊現場周辺情報など事件の詳細をご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

容疑者のプロフィール

氏名 千村正子
読み仮名 ちむらまさこ?
年齢 54
居住地 名古屋市昭和区東郊通9丁目
職業 無職

千村正子容疑者の顔

現在まで逮捕時の画像や送検時の画像など公表されていませんでした。
公開されましたら追記致します。

遺体損壊現場周辺情報

千村正子容疑者は名古屋市昭和区東郊通9丁目内にある自宅で遺体損壊におよんだそうです。

千村正子容疑者が勾留されている昭和署の画像

千村正子容疑者の身柄は愛知県名古屋市昭和区広路通5丁目11にある愛知県警昭和警察署に置かれているものとみられます。

千村正子容疑者のFacebook情報

「千村正子」というワードでFacebookのアカウントを調べて見ましたが、特定には至りませんでした。

リサーチ結果を掲載しますので気になる方はご覧ください。

スポンサーリンク

両ひざ部分を包丁で・・・

報道発表によれば千村正子容疑者は自宅で父親とみられる遺体の両ひざ部分を包丁で切断しようとした容疑がもたれています。

事件発覚の経緯

千村正子容疑者は90歳になる父親と2人暮らしで8月16日(金)の午前、千村正子容疑者自ら昭和区役所に連絡を入れ「5日頃(父親が)死んだ」と話した昭和区役所が警察に通報したそうです。

千村正子容疑者にかけられている罪名は

昭和署に身柄を拘束された千村正子容疑者にかけられている容疑は「死体損壊等罪」です。

量刑は?

刑法190条では死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてある物を損壊し、遺棄し、又は領得した者は、3年以下の懲役に処する。と法定されています。動機や計画性なども慎重に検討されるようです。

千村正子容疑者の供述・認否は?

昭和警察署に身柄を拘束された千村正子容疑者は捜査員の取り調べに対し「生活保護費を受給できなくなると困るので、見つからないようにしようと思った」と供述し容疑を認めているということです。

千村正子容疑者の逮捕後の流れ

昭和警察は千村正子容疑者の逮捕後48時間以内に検察に送致するか判断します。

送検された後、担当検事は24時間以内に勾留(千村正子容疑者を拘束)するかどうかを判断します。

※勾留期間は最大20でこの20日の中で起訴するかどうか検察官の取り調べが行われます。

起訴された場合、約1ヶ月程度で裁判を受け有罪か無罪かの判決が下されます。

ネットの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

生活保護の受給停止を拒む目的で適切な手続きを放棄し自己の都合のよい考えに至ってしまったのでしょうか。

引用元:朝日新聞DIGITAL

↓あわせて読みたい『今週』全国の事件・事故↓

毎日更新中!【最近の投稿】から