【児童虐待】荒川喜光容疑者を傷害で逮捕!容疑者の顔画像やSNS情報を公開。ネットの反応は!?

茨城県ひたちなか市で発生した傷害事件。被害者は若干小学3年生、8歳とみられる女の子。顔面負傷の大けが。

逮捕された男の顔画像や実名、個人情報、事件の詳細を紹介します。

スポンサーリンク

事件詳細

傷害事件は3月1日(金)の朝7時頃、場所は茨城県ひたちなか市内の民家で発生しました。傷害の被害者となったのは小学生3年生の女児。暴行したのはあろうことか同居する父親だったとされる事件。

容疑者のプロフィール

氏名 荒川喜光
読み仮名 あらかわよしみつ
年齢 43
居住地 茨城県ひたちなか市内
職業 工場作業員

被害者の情報

氏名 不明
容疑者との関係性 交際女性とみられる女の連れ子
年齢 8歳
居住地 茨城県ひたちなか市内
学年 小学3年生

荒川喜光容疑者の顔画像

NNN

警察署が手配した上着に身を包んでいます。

警察署から検察庁に送致されるときの画像

NNN

茨城県ひたちなか署から検察庁へ身柄を送られるときの画像です。

報道番組でも取り上げられました

NNN

3月3日正午の報道番組でも放送されました。

スポンサーリンク

事件現場周辺情報

茨城県の県庁所在地である水戸市に隣接するひたちなか市。

荒川喜光容疑者が勾留されているとみられるひたちなか署の画像

茨城県ひたちなか市東石川897-2にある茨城県警ひたちなか署の画像です。荒川喜光容疑者は留置場で一夜を明かしたものとみられています。

荒川喜光容疑者のSNS情報

「荒川喜光」というワードでFacebookのアカウントを調べて見ましたが、特定には至りませんでした。

リサーチ結果を掲載しますので気になる方はご覧ください。

スポンサーリンク

暴行内容

報道発表によれば荒川喜光容疑者は娘の顔面を平手で殴り、鼻を負傷させたそうです。

虐待が明るみになったのは?

3月1日(金)の朝父親から虐待を受けたとされ、その後小学生3年生の娘は登校。学校の教師が顔面の怪我に気付き、児童相談所に相談しそのまま一時保護となっています。

娘が事件後発した言葉とは?

女児は学校の先生に対し「家に帰りたくない」などと話、自宅に戻ることを拒絶していたそうです。

荒川喜光容疑者が虐待におよんだ理由判明!

荒川喜光容疑者が虐待におよんだ理由に関し朝起きない娘に腹を立て暴行に及んだようです。

荒川喜光容疑者にかけられている罪名は

ひたちなか署に身柄を拘束された荒川喜光容疑者にかけられている容疑は「傷害罪」です。

量刑は?

傷害罪の懲役刑は刑法に懲役15年以下と法定されているようです。また傷害の程度が軽微な場合、罰金刑などになることもあります。

荒川喜光容疑者の供述・認否は?

ひたちなか署に身柄を拘束された荒川喜光容疑者は捜査員の取り調べに対し容疑を認めているということです。

荒川喜光容疑者の逮捕後の流れ

茨城県警ひたちなか署は荒川喜光容疑者の逮捕後48時間以内に検察に送致するか判断します。

送検された後、担当検事は24時間以内に勾留(荒川喜光容疑者を拘束)するか
どうかを判断します。

※勾留期間は最大20でこの20日の中で起訴するかどうか検察官の取り調べが行われます。

起訴された場合、約1ヶ月程度で裁判を受け有罪か無罪かの判決が下されます。

ネットの反応

  • 自分よりも力の弱い者への暴力はしてはいけない事だと思います。親子間であっても体罰による教育、躾は無くすべきだと感じます。

    https://headlines.yahoo.co.jp/

  • まさに氷山の一角、なぜ母親がこの男に惚れたのか、見抜けない程の付き合いで一緒になってはいけないと思う。

  • 保護されて良かった。

  • 基本的に何でも通報するのはどうかと思ってるけど、今回のは通報してあげて正解だったと思う。こんなことで殴られる日々怖いわ。
    そして、何でこんな人と再婚してしまう女性が多いのか謎。男見る目ないよね。

  • 犬でも殴って教えても意味無し。
    特に女の子に手を出すとは男として失格。

    殴られて育った俺だけど、娘も孫も誉めて育てる事が良いと思う。
    うちは娘だったからたまたま手を出さず育てたが、男の子だったら手を出していたかもしれない。
    俺の代で暴力躾が止まったから良かった。

https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

まとめ

どのような理由があろうと子供に手を出してはいけません。躾という名の暴力です。そして暴力では何も解決しないということを容疑者は認識するべきです。

子供が相手の連れ子であれば、実の子以上に愛情を注ぐべきだったと考えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする